資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

中学校教諭の基礎知識

中学校教諭とは?

中学校教諭とは、中学校の教員のことです。この免許状を取得するには、大学で必要な単位を取得するほかにも、通信大学を利用して必要な単位を取得して免許状を取得する方法があります。どのような方法で取得したとしても、生徒と共に歩んでいこうという熱意が必要です。

仕事について

中学校で教師として働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、中学校教諭は、科目担当のほかに、学級を担任するという仕事があります。さまざまな生徒がいるので、学級をまとめる上では苦労することもあるでしょう。しかし、生徒は皆、日本の将来を担う人材です。中学校は、よい人材が育つかどうかの最初の関門であるとも言えます。そのような場で教育に携わることには、一般企業で働く以上に、将来性を感じられることです。また、中学校教諭なら、部活に携わることもできるので、働きながら自分の好きなことをできる可能性もあります。

年収について

公立中学校では公務員ですので収入は40代で750万円くらいになります。また退職後、年金としてもらえるお金が会社員よりもいいため、働いている間の給料は通常の会社員より少ないものです。私立の中学校では普通の会社員と同じように待遇など勤めているところによっても違ってきます。また高校受験や部活などいろいろと時間がかかることも多くあります。体力的にも大変なことは多いですが、生徒にとっては一生に一度の時間になります。その生徒たちの相談にのったり、一緒に思い出を作ったりすることもでき、とてもやりがいのある仕事です。

難易度と試験対策

中学校教諭になるためには、教科の免許が必要になります。教員採用試験を受ける際に、必ず1種免許または2種免許が必要になりますので、大学で免許を取得する必要があります。
試験は一般教養、教職教養、専門とあります。専門の試験は普段から学んでいる事なので問題ないと思いますが、一般教養と教職教養は自分で勉強する必要があります。書店に行くと参考書が売っています。参考書を一冊と、問題集を一冊購入し、何回も繰り返し解きましょう。難易度は高くありませんが、専門用語が多いので最初は戸惑います。用語に慣れるためにも何回も繰り返し解いてください。教員になる夢を実現させるために頑張りましょう。

問い合わせ
文部科学省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

栄養教諭

栄養教諭とは、学校において児童や生徒の栄養の指導や管理を担当する教員です。かつては栄養士が担当していた職務であるが、食育への関心の高まりに伴い、児童や生徒の発育において、栄養状態の管理や栄養状態の推進を目指して2005年に新設された職である。

DIYアドバイザー

DIYアドバイザー資格認定は、日本DIY協会がDIYアドバイザーの審査のうえ合格者の資格保有許可を認定し、その登録後にDIYアドバイザー認定証が交付されます。 住居の手入れや補修、改善などを工務店などのプロに頼らず、自分の手で行なっていくことで、さらなる快適空間を生活のなかで創造していきたいと希望する人を対象とし、DIYに関する指導や相談に携...

司書教諭

司書教諭とは、主幹教諭・指導教諭。教諭から司書教諭講習を修了したものがあてられます。学級数が合計12学級以上の学校には司書教諭を置く事を義務付けられており、多くの学校でニーズがある資格となっています。