資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

小学校教員資格認定の基礎知識

小学校教員資格認定とは?

小学校教員資格認定とはなにかについてはまずこの試験制度は一般社会人を学校教育に呼び込む為に大学などの教員養成コースを経なくても教員になる事が出来る方法として設けられた制度の事を指します。一次試験と二次試験と指導の実践に関する事項に係る試験があります。

仕事について

小学校の教師になるには、教育学部の小学校教職課程を修了しなければなりません。小学校教諭は多くの場合、一つの学級を担任し、あらゆる科目を一人で教えられる必要があります。厳しい仕事ではありますが、小学校教員資格認定を受ければ、メリットも多くあります。たとえば、小学校教諭は、子供たちを相手にする仕事です。子供たちは、大人になったら忘れてしまうような柔軟な発想を持っていて、教える立場の人間が逆に教えられることもあります。自分も日々勉強になるでしょう。また、小学校教諭になれば、さまざまな子供たちと触れ合うことができるので、自分に子供が生まれたとき、どのように育てるかということを、いろいろな可能性に立って考えることができます。

年収について

小学校教員資格認定には、大学での教職課程を修了するか、認定試験に合格することが必要です。勉強することも試験も多いですが、小学校教諭の収入は他の公務員に違わず安定しています。小学校教諭の年収は「級」と「号給」によって決まります。「級」は職務の責任や困難度によって区分され、「号給」は職務への習熟度によって区分されています。これに伴い初任給は月20万から22万程度となり、ボーナスも加えた年収は330万程度になります。勤務年数を重ねるごとにこれが増え、大学卒業の教諭なら、35歳になる頃には500万から600万にものぼります。給与の制度がはっきりしているので、たいへん安定した収入を得られるのが魅力です。

難易度と試験対策

小学校教員は生徒と触れ合う時間が多く、やり甲斐を非常に感じる事が出来る職業ですが、資格認定までには多くの勉強と努力が必要です。まず、小学校教員資格認定の流れとしては、願書を教育庁等の決められた自治体に提出後、7月に一次試験があります。日にちは、県によっても異なるので確認が必要です。一次で約3倍にまで候補者が絞られ、受かった人のみが二次試験に進む事が出来ます。試験内容は、筆記試験、面接、論作文、実技と様々な分野をカバーしなければなりません。面接にも、個人面接や集団討論など様々な種類があります。試験対策は、とにかく過去問を徹底して解く事です。また、過去問の問題傾向の分析も必要です。全国のいたるところに、試験対策が出来る専門学校もある為、口コミを参考にして、通ってみるのも良いでしょう。

問い合わせ
文部科学省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

高等学校教諭

高等学校教諭とは高校の教員の事であり、校長等一部を除き、ほとんどの教員が該当しています。教員になるには教科に応じた高等学校教諭普通免許状を持っていなければなりません。生徒の教育はもちろんの事、安全管理、健康面、生徒保護の業務も行います。

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭とは、特別支援学校において障害のある生徒に対し教育を行うことのできる教員資格です。 また、特別支援学校教諭になるには、小学校、中学校、高校または幼稚園の教員免許の他に特別支援学校教員の免許を取ることが原則として必要です。

JPIC読書アドバイザー

読書は、ひとりで読む楽しみの他にも、読みきかせ、ブックトーク、朗読、読書会などで親子や仲間とともに楽しむ方法や、読書ボランティアとして病院や学校、書店や図書館など地域社会で活用する道もあります。読書からの広がりや具体的な技法について、実習を交えて親切に教育いたしますので、読書活動の中で、業務の中で、実践に移すことができます。

参考書籍

  • 小学校教員資格認定試験 2013年度版 (教員採用試験シリーズ 305)
  • 小学校教員資格認定試験対策本
  • 小学校教員資格認定試験〈2010年度版〉 (教員採用試験シリーズ)