資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

社会教育主事の基礎知識

社会教育主事とは?

社会教育主事とは法律の定めにより都道府県及び市区町村の教育委員会事務局に必置の職員です。社会教育主事は、教育職員としての免状を保有しているなどの任用資格を満たしたうえで、当該都道府県または市区町村の教育委員会に社会教育主事として任用されることで、初めてその名称を称することができます。

仕事について

社会教育主事とは、社会教育法9条の2第1項に基づき、都道府県及び市町村の教育委員会事務局に配置されている職員です。教育公務員に指定されています。この職に就くには、社会教育主事任用資格が必要です。大学に2年以上もしくは高等専門学校を卒業し、社会教育に関係する職に3年以上従事していた方で、社会教育法第9条の5の規定による社会教育講習を修了すると、この資格が認定されます。現在生涯教育社会の構築を目指すうえで、住民の学習活動が多様化していく中、この資格保有者の存在が重要視されていますので、ますます需要が高まってきます。社会教育行政を担う存在として必要とされていくことでしょう。以上がこの資格のメリットといえます。

年収について

収入についてですが、各都道府県の自治体が定めるため一定ではないです。
しかし以前まで減少していた社会教育主事ですが、現在生涯学習の奨励などで地域住民の意欲が高まってきたため講座も増えてきています。そうした背景よりこの仕事はさらに一層期待される仕事なのです。
地域とのコミュニケーションが大切な仕事だからこそやりがいがかんじられるのです。

難易度と試験対策

社会教育主事は、各都道府県の教育委員会の専門的職員のことです。このためには、一定期間の講習を受けた後、採用試験に合格する必要があります。講習を受けるためには大学で62単位以上を取得していることなどの条件があります。講習の内容は、生涯学習概論、社会教育計画、社会教育演習、社会教育特講の4つで、毎年6月ごろに実施されます。社会教育主事になるためには採用試験に合格しなければなりませんが、その試験対策は受ける都道府県によって異なります。書店へ行くと、都道府県別にテキストが販売されているのでこれを元に試験対策を行えば効率的に勉強ができます。実際に採用試験を受けた人に聞き、過去の試験傾向を知っておくことも有利です。

問い合わせ
文部科学省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

DIYアドバイザー

DIYアドバイザー資格認定は、日本DIY協会がDIYアドバイザーの審査のうえ合格者の資格保有許可を認定し、その登録後にDIYアドバイザー認定証が交付されます。 住居の手入れや補修、改善などを工務店などのプロに頼らず、自分の手で行なっていくことで、さらなる快適空間を生活のなかで創造していきたいと希望する人を対象とし、DIYに関する指導や相談に携...

幼稚園教諭

幼稚園教諭とはなにかについてはまず幼稚園教諭とは、幼稚園において園児の教育や保育を司ることを生業とする職業です。基本的には幼稚園教諭免許状が取得出来る大学や短期大学で必要単位を修得して卒業した者がなる事が出来ます。

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭とは、特別支援学校において障害のある生徒に対し教育を行うことのできる教員資格です。 また、特別支援学校教諭になるには、小学校、中学校、高校または幼稚園の教員免許の他に特別支援学校教員の免許を取ることが原則として必要です。

参考書籍

  • 学校法人日本社会事業大学日本社会事業学校通信課程副読本〈平成15年度〉社会福祉士通信教育課程・精神保健福祉士通信教育課程・社会福祉主事資格認定通信課程 (学校法人日本社会事業大学日本社会事業学校通信課程副読本 (平成15年度))
  • 社会教育主事がみた社会教育・生涯学習―東京23区からの発信
  • 生涯学習・社会教育行政必携(平成24年版)