資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

幼稚園教諭の基礎知識

幼稚園教諭とは?

幼稚園教諭とはなにかについてはまず幼稚園教諭とは、幼稚園において園児の教育や保育を司ることを生業とする職業です。基本的には幼稚園教諭免許状が取得出来る大学や短期大学で必要単位を修得して卒業した者がなる事が出来ます。

仕事について

将来なりたい職業にあげられる職業の一つに「幼稚園の先生」とあるように幼稚園教諭の資格は幼稚園の先生になるには必要な免許です。この資格を持つメリットもあります。教員を辞めた後、実際結婚して、自分の子供を持った時、子育てにも役立つということです。専門学校、短大卒業の学歴でも資格は取れるので、幼稚園教諭養成の専門学校は数多くあり、卒業後の仕事のあっせんまで手厚く指導してくれます。更に教員は若い女性の先生が多く、体力勝負なところがあります。

年収について

調査したところによると、幼稚園教諭の資格には2種、1種というものがあり、短大で2種が、四年生の大学で1種を取得することができるということですが給料の差がはあまり大きなものではありません。初任給で手取りが10万円から15万円の間というところでしょう。勤務時間が朝の8時から夕方5時までと長く子供の相手で大変な割には少々少ないような気もしますが、公立幼稚園の場合は公務員なので昇給もあります。例にあげると32歳の教諭の平均月収は22万、ボーナスが二回で65万、平均月収が320万という金額がでました。子供が大好きであれば定年まで続けられるよい仕事だと思います。

難易度と試験対策

幼稚園教諭の試験は、一般教養科目と教職教養科目に分かれており、それぞれ独自の対策が求められます。一般教育科目については、主に義務教育程度、中学3年生レベルの設問が用意されていて、理科数学という理数系と、国語や社会という文系の範囲から問題が出されます。教職教養科目については、幼稚園教育要領の範囲から出題されます。公立の幼稚園か私立の幼稚園かで難易度もやや変化しますが、基本的な部分は常識を測る問題が多いのが特徴です。読み手のことを考えた文章を書く必要があり、筆記用具はHB以上の濃い目の鉛筆、シャープペンシルを用意しましょう。試験対策として過去問も重要で、傾向を把握しておけばスムーズに試験内容が理解できます。

問い合わせ
文部科学省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

小学校教諭

小学校教諭とは、小学生に授業を教える際に必要になってくる資格をもっている人のことです。全国で数万人が、この資格を取って、日々、小学生たちに対して授業を行っています。運営もとは国なので小学校教諭は公務員です。

司書(補)

図書館の司書(補)になるには、普通は大学の専門的な履修科目を受講して、単位を取得する必要があります。 それだけでなく、インターネットなどの通信講座を利用することで、自宅学習をして資格取得をすることも可能な資格です。

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭とは、特別支援学校において障害のある生徒に対し教育を行うことのできる教員資格です。 また、特別支援学校教諭になるには、小学校、中学校、高校または幼稚園の教員免許の他に特別支援学校教員の免許を取ることが原則として必要です。

参考書籍

  • 幼稚園教員資格認定試験 2014年度版 (教員採用試験シリーズ 300)
  • システムノート幼稚園ランナー 2014年度版 (教員採用試験シリーズ システムノート) (教員採用試験シリーズシステムノート)
  • 新 保育士・幼稚園教諭になろう (目指す人のためのよくわかるハンドブック)