資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

警備員検定の基礎知識

警備員検定とは?

警備員検定とは、警備業務検定とも呼ばれ、より良い警備員への資質向上のために設けられるようになった検定制度です。警備のプロフェッショナルを目指し、より信頼される警備員を育成するのにとても役立つ検定制度です。

仕事について

警備員検定とは、警備業務検定とも言い、筆記と実技を有する検定試験の合格時に取得できる国家試験のことです。都道府県公安委員会が認定と実施を行っており、施設警備業務・交通誘導警備業務などを始めとする6つの分野に分かれ、各々に1級・2級といった等級があります。この検定資格を取得すると、国から「警備業務に関し一定以上の知識および技能を有する」と認定されます。メリットとしては警備保障会社への就職率に長けており、正社員採用率が高いということ。来賓者・貴重品・危険物・燃料物資などを目的地まで安全に運び警備を行う、専門的な仕事を任されます。こう言った重要な人物・品物を運搬するには認定者の同行が絶対条件となり、テロの増加に伴う大型施設の警備の強化によって、能力値の高い警備員検定認定者の優遇がなされています。

年収について

警備員検定は非常に数が多く、警備の資格はたくさんあります。警備員には有資格者を一定数配置しないといけないというルールがあるため、警備員になるのに警備員検定は非常に有利です。警備員になろうと考えているのであれば有資格者になると警備会社への就職が有利になり、警備業界指導教育責任者の資格があれば警備業界で指導者を目指す事もできます。警備員の収入は安定していて、年収は平均が280万から300万程です。資格取得=即高額所得というわけではないですがですが、非常に安定していて、やりがいのある仕事です。警備員の検定は難易度がそれほど高くなく、取得すれば、警備会社に入社しやすくなるので、警備員を目指す人にとって取得して損はない資格です。

難易度と試験対策

警備員検定とは、警備法に定められた警備員の国家資格のことです。1級と2級があり、1級の試験には2級合格後1年以上警備業務の実務経験が必要となります。また、試験には登録講習機関が実施する特別講習による考査と、公安委員会が実施する検定の2つがあります。特別講習の方が費用が高いですが、講習を受講し修了考査を行う流れから合格率が高いです。検定は試験のみであり、費用は安いですが合格率が低い傾向があります。合格率は講習の場合で90%程度、検定試験で70%程度です。試験は都道府県ごとに随時実施され、申し込みは警備会社を通じて行われます。試験対策としては、検定試験は参考書を購入しての自主学習となり実技の試験対策も時間を見つけて練習を重ねれば試験当日に緊張せずに受験できます。

問い合わせ
警視庁 

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

警備員指導教育責任者

警備員指導教育責任者とは、都道府県の公安委員会から資格者証を交付される国家資格です。講習を受講し、筆記試験に合格する必要があります。業務内容により1から4号の4種類があります。この資格を有していると、警備業務に従事する場合法定新任・現任教育が免除されるなどの利点があります。

ゼネラル設備管理技士認定試験

ゼネラル設備管理技士認定試験rとは、建物、設備、防災防犯、環境衛生などの実務に精通し、建築物の維持管理運営にあたり、設計サイドに的確な助言を行う専門家であり、建築物の高層化、複雑化が進む中で重要な役割の担い手です。在宅での試験になります。

火薬類保安責任者

火薬類保安責任者とは、火薬類の製造や取り扱いに関する国家資格になります。誰でも受ける事ができますが、免状の交付は18歳以上からになります。火薬を取り扱う仕事ですので、建築・土木関係、鉄工所、砕石会社等の、責任の重い立場の方がとられています。