資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ダム管理主任技術者の基礎知識

ダム管理主任技術者とは?

水力発電やかんがい用水などのために河川区域にダム(長さ15メートル以上)において、ダムの維持管理や操作を行うダム管理の専門家です。
難易度はやさしい。講習と終了考査で取得できます。
就職先は電力会社、河川管理会社など。
仕事内容は水力発電やかんがい用水などのためのダム施設等において、ダムおよび貯水池の維持操作その他管理に関する全般的な仕事を行います。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ダム水路主任技術者

ダム水路主任技術者とは、水力発電所(水力発電を行う電気工作物)において電気事業法に規定する主任技術者として選任された者のうち、水力設備に係る保安の監督を行う者のこと。また公式な用法ではないが、同法に規定する主任技術者免状のうち本項に記述する免状の交付を受けている者を指すこともある。

下水道管理技術認定

下水道管理技術認定試験は、下水道の維持管理に従事する資格です。下水道管理者からの委託を受けて、管路施設の維持管理をするのが主な業務です。試験は学科のみで多肢選択式で行われます。日本下水道事業団が行う下水道で従事する技術者の認定試験である

NACS−J自然観察指導員

自然観察指導員に登録されると、腕章、ネームプレート、指導員登録証などが渡されます。しかし、これで自然観察指導員としての身分や社会的地位など、特別な資格が得られるものではありません。 指導員としての社会的な評価は、今後の指導員の方々、そして各団体、NACS-Jの活動と努力によって決まるものです。自然保護教育をできるところから実践していく、その第一歩を踏み出してく...