資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

JTF<ほんやく検定>の基礎知識

JTF<ほんやく検定>とは?

JTF、またはほんやく検定とは、日本翻訳連盟が実施する、産業翻訳者の育成や、人材発掘を目的とした翻訳試験です。
最近ではインターネットを利用した在宅受験制度を採り入れ、より一層親しみやすい検定試験となりました。

仕事について

JTFが主催する「ほんやく検定」の合格証明書は、翻訳のスキルの正式な証明に使用することができます。特に、ほんやく検定の2級以上に合格すると、JTFの検定合格者リストと、JTFの機関誌である「日本翻訳ジャーナル」とにプロフィールを掲載できます。
 【主な仕事内容】
クライアント側から産業翻訳の依頼を受け取り、クライアントの希望に合わせた納品をする。
しかし、ほんやく検定の資格を持っていても、またプラスアルファでTOEIC900点以上や、英検準1級以上を有していても、なかなか希望の仕事がありつけないという厳しい現状もあります。
翻訳技術は日一日とその需要を高めていますが、だからといってそう簡単に仕事を得られる、ということではないようです。

年収について

ほんやく検定の資格を持っている人の収入は、ピンからキリまで違いがあります。
仕事のスタイル自体が、フルタイムで固定給の出るものもあったり、フリーランスの翻訳家として働くケースもあったりと、様々です。
【フリーランスの場合】
フリーランスで働く場合は、翻訳した記事ごとに単価が支払われますが、その単価は翻訳する分野ごとに異なります。医療やIT関連の翻訳は単価が高いとされます。そのため、ほんやく検定の資格を取得して仕事にありついた場合、年収100万円以下の人もいれば、2000万円や3000万円くらい稼いでいる人もいる、ということになります。
また、フリーランスの翻訳家の場合、副業としてみなされることが多いため、収入もより一層安定性を欠くかもしれません。

難易度と試験対策

ほんやく検定の難易度は、各級によって異なります。
実用レベルとして活用できるのは2級以上ですが、合格率は約6%と、かなりの難関です。
特に1級などは、日英翻訳部門では合格率が0%となっています。しかし4級なら40%、5級なら51%と、級が下がるにつれて難易度も落ちています。
 【試験対策】
翻訳についての検定というと、語彙力を問われると思いがちですが、インターネット上での試験のため、辞書はいくらでも引けます。
そのため、知らない単語が文中にでてきても動じる必要はありません。ですが、試験自体の難易度は高いので、事前にJTFが発行している公式問題集を解いたり、様々なトピック特有の単語などを勉強したりして、しっかりと対策しておくことが必須です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

通訳案内士

通訳案内士とは観光庁が実施する試験に合格して外国人観光客に外国語通訳や観光案内を行うことができる国家資格です。 通訳案内士は資格を取得したうえ、都道府県に登録することが必要で、資格試験に際しては国籍要件がないため、外国人の資格者も存在しています。

ハングル能力検定

NPO法人ハングル能力検定協会がおこなっている民間の検定試験となり、日本語を母国語としている人の韓国・朝鮮語の能力をテストします。1~5級まであり、5級が初級、1級がもっとも難しくなり、面接試験として二次試験があります。 就職にも通用させたいというのであれば、2級以上、同時通訳者を希望するなら1級は取得しておくと良いでしょう。

HSK漢語水平考試(旧)

「旧HSK」とは1~2級(基礎)、3~8級(初中級)、9~11級(高級)を受験し、点数により自身のレベルを判定するもので、結果が合否ではありません。 2011年10月以降、上海では旧HSKの試験は終了しています。 「新HSK」はヨーロッパにおいて能力評価時に共通の基準となるCEF(Common European Framework of Reference for Languages)と合致するよう設計されており、試験...

参考書籍

  • JTFほんやく検定 公式問題集