資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

国際秘書検定の基礎知識

国際秘書検定とは?

外資系企業などで秘書業務を行う人々のことを、国際秘書と呼びます。
刻一刻とグローバル化が進む現代社会において、需要が増しているこの職業ですが、就職には「国際秘書検定」の資格を持っていることが望ましいとされています。

仕事について

国際秘書の資格とは、秘書業務を日本語と英語の両方で行えることを証明するものです。
そのため、国際秘書検定の資格を持っていると、外資系の企業で秘書業務の仕事に就きたいときに、とても有利となります。
 【国際秘書の仕事内容】
・社長のスケジュール管理や連絡。
・電話や来客への応対業務。
そして資料の作成など、秘書業務の全般を任されることになります。
さらに、国際秘書の場合は、企業内でのコミュニケーションを円滑に行うサポートをするほか、
このすべてを日本語と英語の両方で行うスキルがあることを求められます。
過激化する国際競争の中、勤務する企業のグローバル化をサポートするための、とても重要なポジションだといって良いでしょう。

年収について

国際秘書の資格を持っている国際秘書の収入は、一般の秘書の収入よりも高いとされています。
何故なら、国際秘書は、グローバル社会の第一言語ともされる英語のリテラシーがあるという点で、通常の秘書よりもスキルが高いと考えられているからです。
 【年収例】
普通の秘書なら年収が約300万円から約600万円のところを、国際秘書の資格を有する国際秘書の年収は、もちろん勤務する企業それぞれにもよりますが、最低でも00万円程度から、1000万円程度4にまでわたります。
そして、国際秘書としての実務経験が豊富で、またスキルも高い国際秘書なら、年収が1000万円以上になることも珍しくはありません。
やはり語学力、特に高い英語力があるというのは、国際社会を生き抜けるうえでの大きなスキルと認知されているのです。

難易度と試験対策

日本秘書協会が主催する「国際秘書検定」に合格すると、国際秘書としての認定が与えられます。
レベルには「プライマリー」と「ファイナル」の2種類があり、「プライマリー」はやや易しく、「ファイナル」はやや難しいとされています。
 【試験対策】
・「ファイナル」では秘書業務の他、経営・オフィス管理業務についての出題に加え、日本語・英語両方での面接が課されます。
・「プライマリー」では、ビジネス日本語・英語に加え、オフィス実務が行われます。
いずれにせよ、日本語と英語の両方でビジネス用語に通じていることが必須となります。
特にビジネス英語については、参考書が多く出ていますし、TOEICもビジネス英語中心の語学試験ですので、参考にしてください。また、国際秘書検定専門のスクールも多くあります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ロシア語能力検定

ロシア語能力検定とは、日本で実施されている唯一ロシア語の習熟度の確認と学力証明に活用できる試験です。入試の際の外国語能力証明として認める法科大学院もあります。 就職はロシア語能力を身につけている人材は貴重なだけに、上位資格を取得すれば、幅広い分野での活躍できます。

HSK漢語水平考試(旧)

「旧HSK」とは1~2級(基礎)、3~8級(初中級)、9~11級(高級)を受験し、点数により自身のレベルを判定するもので、結果が合否ではありません。 2011年10月以降、上海では旧HSKの試験は終了しています。 「新HSK」はヨーロッパにおいて能力評価時に共通の基準となるCEF(Common European Framework of Reference for Languages)と合致するよう設計されており、試験...

ハングル能力検定

NPO法人ハングル能力検定協会がおこなっている民間の検定試験となり、日本語を母国語としている人の韓国・朝鮮語の能力をテストします。1~5級まであり、5級が初級、1級がもっとも難しくなり、面接試験として二次試験があります。 就職にも通用させたいというのであれば、2級以上、同時通訳者を希望するなら1級は取得しておくと良いでしょう。

参考書籍

  • CBS(国際秘書)検定対応プライマリー問題集
  • CBS(国際秘書)検定対応ファイナル試験問題集
  • 新バイリンガルオフィス実務