資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

浄化槽管理士の基礎知識

浄化槽管理士とは?

浄化槽管理士とは、浄化槽管理士資格試験に合格するか、浄化槽管理士講習を修了することで得られる国家資格です。浄化槽の保守・点検の業務に従事することができます。浄化槽法に基づいて、水質汚濁防止のために活躍します。

仕事について

浄化槽管理士は、浄化槽設備会社などの設備会社などに勤務し、浄化槽管理者の委託を受けて水質汚濁防止のために浄化槽の保守・点検の業務を行います。この保守・点検の業務は、会社や事業所などだけでなく、一般家庭で行われる場合もあります。特に一般家庭では浄化槽のことだけでなく、水周り全般のことも相談されることがあることから、浄化槽だけでなく、付属機器や配管などを含め、幅広い知識を持って仕事にあたる必要があります。浄化槽管理士といっても、場合によって臨機応変に対応しなければなりません。例えば、水道管から漏れてくる悪臭への対応などを行う場合もあります。広く水環境に関わる仕事として、責任を持って管理することが、浄化槽管理士の仕事といって良いでしょう。

年収について

浄化槽管理士の収入は、その一例を挙げると、月収17万円~24万円となっています。有資格者は優遇される傾向があり、資格手当が出ることもあるようです。資格取得者でなくとも、就職後、ある一定期間を過ぎた後に、資格取得のチャンスがあり、資格取得にかかる費用の手当が出るという企業もあります。その場合、働きながら資格を取得できるので、大いに活用することができるでしょう。将来的にも、業務独占資格であることから、そのニーズは失われることはないと予想されます。近年は特に環境問題への人々の関心が高まっており、これから水質汚濁への対策として、より浄化能力の高い浄化槽が求められていくといわれています。今後浄化槽管理士は、より専門化した知識と技術を要することになるでしょう。

難易度と試験対策

浄化槽管理士の資格を得るためには、国家試験に合格するか、講習を受講した後に考査試験を受ける必要があります。どちらも、学歴や実務経験は一切問われないため、誰にでも開かれた資格です。どちらかというと、認定講習の考査のほうが、国家試験と比べて易しいことから、認定講習のほうで資格を取得する人が圧倒的に多いといわれています。国家試験は、認定講習の考査と比べると問題数も、問題の選択肢も多くなり、非常にハイレベルな試験であるようです。同じ浄化槽に関連する資格として、浄化槽設備士があり、講習の受講科目の一部が免除されるなどのメリットがあります。浄化槽設備士の資格を取得すれば、浄化槽の工事において、専門知識を活かして施工図の作成や施工の管理・監督などを行うことができます。関連資格として横断して取得しやすいといえるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

あん摩マッサージ指圧師

あん摩・マッサージ・指圧は、人体患部に手や指などを用いて血行を良くし、こりをほぐし患者の痛みをやわらげる。あん摩・マッサージ・指圧は、長い歴史と伝統をもつ東洋医学のひとつで、今日でも重要な位置を占めている。最近では、海外でも理論・技術が普及し治療が行なわれ始めている。あん摩マッサージ指圧師になるには厚生労働大臣の行なう試験に合格し、その免許を受けなければ...

ME技術実力検定

"ME技術実力検定とは日本生体医工学会が運営する、合格率30%前後の検定試験です。 医療機器等の事故が増えたことで、管理担当者や、製造担当者は試験に合格する事が求められます。 第2種と第1種があり、第1種は医者や看護師に指導できるレベルで全国でも保有者が少なく、第2種は約22000人が保有しています。"

カイロプラクター

1895年にアメリカのD・Dパーマーによって誕生した手技療法。腰痛や肩こりの原因となる骨格のずれやゆがみ、特に背骨のゆがみを手技によって矯正し、神経生理機能を回復し健康の増進を目的に治療をする方法で、実際に治療にあたる人を力イロプラクターまたはカイロドクターと呼ぶ。これは薬を使わない、メスを入れない治 療法として欧米諸国で発展を遂げてきた。日本で資格取得を目指...

参考書籍

  • 6ヵ年全問題収録 浄化槽管理士試験完全解答(改訂3版) (LICENCE BOOKS)
  • 浄化槽管理士試験完全解答―6ヵ年全問題収録
  • 浄化槽管理士試験完全解答 (なるほどナットク!)