資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

登録販売者の基礎知識

登録販売者とは?

登録販売者とは規制緩和により改正薬事法で新設されました一般医薬品を販売できる資格です。受験資格ですが、医薬品の販売において一定の実務経験等を有する者が都道府県の知事の行う試験に合格することが必要です。

仕事について

"登録販売者とは、薬事法の一部改正により2009年に新しくスタートした資格制度です。
今まで、医薬品の専門家と言えば薬剤師でしたが、薬剤師と並び医薬品の専門家として、ドラッグストアや薬局で医薬品販売に携わることができます
ただし、薬剤師と違い全ての医薬品を販売できる訳ではないことと、処方箋に基づく薬の調剤はできません。
この資格を取得することで得るメリットは、医薬品を扱う小売業への就職が有利になることです。
雇用者側に立てば、薬剤師よりも人件費が抑えられると言う点で、登録販売者の有資格者を雇う可能性は高いです。
薬剤師のように、薬学部を出た後に国家試験に合格してやっと得られる資格ですが、それに比べてこの資格はドラッグストアなどでの実務経験があれば受験できるというところも魅力の一つです。"

年収について

ドラックストアに行くとパートやアルバイトの人たちとは別に登録販売者と書かれた名札を付けてはたらいている人がいます。彼らは登録販売者の資格を取った人たちで、市販薬の販売の説明などをすることができます。この販売者の資格をもち働いている方の収入はパートやアルバイトの人で時給が800円~1000円程。ある事例で正社員の場合月収25万前後。資格手当は店舗によっても変わってきますが、大体5000円~2万円程の支給が見受けられます。

難易度と試験対策

登録販売者は、購入者などの状況を観察し、また聞き出し、その状況を踏まえて必要な情報提供または相談対応を行うことにより、購入者の適切な医薬品の選択を支援する役割を担っています。そのため試験内容も、医薬品の基本的な知識、医薬品の人体への作用(副作用を含めて)、薬事に関する法規と制度、医薬品の適正使用・安全対策というものです。すでに本屋にて登録販売者についてのテキスト・過去問が、販売されているので、独学で試験対策は可能です。ただし、一般医薬品の販売等に関し、保健衛生上の問題が生じることを防止する役割を担うので、薬学系の専門学校や大学を卒業したか、薬局などで4年以上実務経験あったかという受検資格が定められています。試験日・試験地・受験料は各都道府県で異なります。合格率は約5割ほどです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

クリーニング師

多様化する新繊維や人口皮革、デザインや技法も年々ファッショナブルの度を増していくなか、クリーニング従事者にはより高度な専門知識と技術が求められるようになってきている。試験は各都道府県知事が実施し、クリーニング専門技術者としてふさわしい知識と技能をもっているかを審査し、合格者に免許を与えるものである。クリーニング業を営む者は、その事業所に1人以上のクリーニン...

きゅう師

官報医療である灸は、人体の表面の経穴(つぼ)などにもぐさをつけて焼き、その熱気によって患部に刺激を与え治療する方法であり、これを職業とする者は厚生労働大臣の行なうきゅう師試験に合格し、免許を受けなければ業務を行なうことができない。はり師ときゅう師は免許が分かれているが、密接な関連がある療法なので、併せ持つことが望ましい。また、はり師、きゅう師試験は同時に受...

はり師

はり師の資格は、高等学校卒業後、鍼灸専門学校・鍼灸大学・鍼灸短期大学等の教育機関で各種の医学ならびに技術の勉学を受け、卒業試験に合格した後、さらに国家試験に合格しなければ資格が取得出来ません。その後も各種の学会、研究会、講習会にて卒後教育に励まなければなりません。

参考書籍

  • 【完全攻略】医薬品「登録販売者試験」合格テキスト+模擬問題 第3版
  • 詳解 登録販売者過去問題集
  • 登録販売者試験対策必修ポイント450 第2版