資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

マイクロソフト認定資格(MOS)の基礎知識

マイクロソフト認定資格(MOS)とは?

マイクロソフト認定資格(MOS)とは、WordやExcelなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる民間資格です。試験は実技試験となっており、知識だけでなく、ビジネスにおける実践力がつけられます。

仕事について

マイクロソフト認定資格(MOS)の資格を取得すると、職場でパソコンを使った業務の効率化が図れることや、就・転職時や、社内でのパソコンスキルをアピールしたい場合に有効であることなどのメリットがあります。すでに多数の企業で社員教育として導入されているのも注目に値します。現在、約200の国と地域で実施されているグローバルな認定資格であり、世界でも通じることから、取得していれば決して損はないでしょう。実際、学生時代に取得しておくことで就職活動に有利になったり、社会人のスキルアップや苦手ソフトの補強などにも役立ったという事例が多数あります。就・転職の際に、何か一つアピールがほしいというときに、鍵となる資格であるようです。

年収について

マイクロソフト認定資格(MOS)の資格がもっとも活かせる職種は、マイクロソフトオフィス製品を特によく使用する事務職や経理職系であると予想できます。一般的な事務職の平均年収は300万~350万円程度であるといわれており、経理になると350万~600万円程度が平均年収といわれています。また、マイクロソフト認定資格(MOS)の資格は、企業によっては取得が推奨されていたり、資格取得支援制度や、資格手当がつくなど、優遇されるところも多いようです。将来性としては、マイクロソフト製品がビジネスの現場で欠かせないものになっている現状、急な転職の際にも即戦力としてアピールできることから、問題ないといえるでしょう。もちろん、多くの企業で推奨されていることも手伝っています。

難易度と試験対策

マイクロソフト認定資格(MOS)の試験の勉強法には、対策教材を購入して行う独学の方法と、学校やパソコンスクールなどで対策講座を受講して学習する方法の2通りがあるといわれています。この資格が特に勉強しやすいのは、すでに試験範囲の内容を網羅している教材としてマイクロソフトが審査・認定した各種対策教材が用意されているところにあるでしょう。もちろん、独学では不安、該当のソフトが自宅や職場にないという場合には、スクール利用がおすすめです。また、試験準備に役立つ、aoten(アオテン)やmoug(モーグ)などのWEBサイトの利用も推奨されています。利用は無料で、有効な情報共有を通して試験対策を行うことができるので、独学でも十分に対応することができるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

マイクロソフト認定資格(MCDBA)

データベース アドミニストレータは、データベース サーバー管理者の最上級の資格です。この資格によって、1 日 24 時間、週 7 日間、エンタープライズ ビジネス ソリューションを間断なく運用できる管理者であることが証明されます。

マイクロソフト認定資格(MCSD)

マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー (MCSD) 資格は、従来のプラットフォーム境界を越え開発スキルを伸ばします。 MCSD 資格を取得することで、素早く滑らかに動作するアプリケーション開発に必要なスキルを手に入れましょう。

情報検索応用能力試験

情報検索応用能力試験とは、情報検索能力試験のうちの資格で、1級と2級があります。学術情報などの検索や、検索結果の加工や評価、コンピュータ関連のITに関する知識や技能が問われます。また、情報に携わる人々のコンサルティング能力や企画力も問われます。

参考書籍

  • マイクロソフトオフィス教科書 MOS Excel 2010 (CD-ROM付)
  • Microsoft Office Specialist攻略問題集Microsoft Excel 2010 (CD-ROMつき) (MOS(Microsoft Office specialis)
  • Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2010 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)