資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

Webサーバーエンジニア能力認定試験の基礎知識

Webサーバーエンジニア能力認定試験とは?

Webサーバーエンジニア能力認定試験とは、サーバーのオペレーション、管理を行うための標準的な基礎知識、操作・設定技能を認定する資格試験。筆記試験と実技試験が行われ、筆記試験ではLinuxやネットワーク、インターネットに関する高度な知識が、実技試験ではLinuxのコマンド操作やWebサーバー・DNSサーバー等の構築・設定能力が問われます。
Webサーバーエンジニア能力認定試験有資格者は技術の証明になり、就職・転職の際にも非常に有効といえるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

マイクロソフト認定資格(MOS)

マイクロソフト認定資格(MOS)とは、WordやExcelなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる民間資格です。試験は実技試験となっており、知識だけでなく、ビジネスにおける実践力がつけられます。

マイクロソフト認定資格(MCDST)

マイクロソフト認定デスクトップサポートテクニシャン(通称:MCDST)は、マイクロソフトによるWindowsベースのシステムに対して、高度なトラブルシュート能力を持つ技術者であることを証明するマイクロソフト認定プロフェッショナルの上位資格です。

マイクロソフト認定資格(MSS)

MSSは、マイクロソフトが実施している、情報産業分野での営業スタッフ向けの認定資格制度である。マイクロソフトの製品やサービスに対する幅広い知識と、顧客のニーズにあったソリューションを提供するための高い営業スキルが要求される。

参考書籍

  • [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ‾スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)