資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

Webサーバーエンジニア能力認定試験の基礎知識

Webサーバーエンジニア能力認定試験とは?

Webサーバーエンジニア能力認定試験とは、サーバーのオペレーション、管理を行うための標準的な基礎知識、操作・設定技能を認定する資格試験。筆記試験と実技試験が行われ、筆記試験ではLinuxやネットワーク、インターネットに関する高度な知識が、実技試験ではLinuxのコマンド操作やWebサーバー・DNSサーバー等の構築・設定能力が問われます。
Webサーバーエンジニア能力認定試験有資格者は技術の証明になり、就職・転職の際にも非常に有効といえるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ネットワークアドミニストレーター能力認定試験

ネットワークやセキュリティに関する全般的な知識を有し、情報ネットワークシステムの構築・管理・活用を行うネットワークアドミニストレーターとしての能力を認定する、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の試験です。30~100クライアント規模のLANが導入されている一般企業において、立場に応じたネットワーク管理・運用スキルを認定します。    

Webプログラミング能力認定試験

平成19年度試験をもって「Webプログラミング能力認定試験」が休止となりました。

マイクロソフト認定資格(MCAD)

MCAD (マイクロソフト認定アプリケーション デベロッパー) を取得すると、1 つの必須科目の受験および前提となる MCTS: .NET Framework 2.0 Windows アプリケーション資格が免除され、1 つのアップグレード試験に合格するだけで MCPD: Windows デベロッパーにアップグレードできます。

参考書籍

  • [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ‾スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)