資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

Windows操作技能認定試験の基礎知識

Windows操作技能認定試験とは?

Windows操作技能認定試験は、Microsoft Windowsの多様な機能の活用と、Windows上の様々なアプリケーションソフトの活用操作に関する標準的な技能を認定するサーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の試験です。
得点で1級から3級までを認定するレベル認定試験です。知識試験・実技試験をパソコン上で行います。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

マイクロソフト認定資格(MCDST)

マイクロソフト認定デスクトップサポートテクニシャン(通称:MCDST)は、マイクロソフトによるWindowsベースのシステムに対して、高度なトラブルシュート能力を持つ技術者であることを証明するマイクロソフト認定プロフェッショナルの上位資格です。

UMLモデリング技能認定試験

UMLモデリング技能認定試験とは、システム開発で使用されるモデリング言語であるUMLを駆使して、システム開発の業務プロセス等をモデル化する能力を評価するために行われている試験です。 試験はLV0からLV4まであります。LV0やLV1は基本的な知識があるかどうかを試されますが、LVが増えると難易度が上がっていき、LV4となる...

マイクロソフト認定資格(MCSD)

マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー (MCSD) 資格は、従来のプラットフォーム境界を越え開発スキルを伸ばします。 MCSD 資格を取得することで、素早く滑らかに動作するアプリケーション開発に必要なスキルを手に入れましょう。