資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ビジネス実務マナー検定の基礎知識

ビジネス実務マナー検定とは?

社会人として一般常識を求められる様に、社会生活営む際、ビジネスを行う上で、常に求められるものがビジネスマナーです。事務、営業、販売、企画…他、関わる業種がどんなスタイルであれ企業理念に基づいたビジネスマナーを有している事が大切です。ビジネス実務マナー検定では、このような社会人としての必要なビジネスマナーがきちんと身についているかどうかが問われます。企業理念に関する知識、話し方、実務マナー、一般常識、文書作成、会議運営法など、ビジネスを行う上でのさまざまな実務能力が問われます。ビジネス実務マナー検定は、民間資格ですが、文部科学省の後援を受けてなりたっている資格ですので、資格取得者は、即戦力としての実力を企業にアピール出来るでしょう。ビジネス実務マナー検定は、1級~3級までの3レベルに設定されています。受験資格は特に設定されていないので、どのレベルを受験する事も可能です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

経営学検定

経営学検定とは、経営に関する基礎的専門的知識や経営管理能力・問題解決能力が一定であることを全国レベルで資格認定する検定試験です。特定非営利活動法人経営能力開発センターが主催している試験です。会社員がこの試験に合格すると、管理職や経営者への昇級が期待できます。

ビジネス文書検定

ビジネス文書検定とは、その名の通りビジネスで取り交わされる報告書、礼状から電子メールなどの文書の作成に必要な知識や技能を評価される資格です。業種を選ばない資格でどの職種でも高いニーズのある資格となっています。

経営監査士

経営監査士は、企業内の経営管理組織、業務管理組織などの経営監査に関する専門家です。 受講資格は、次のいずれかの者です □協会会員で25歳以上の者(一般登録) ※25歳未満の者は経営監査士補となる □公認会計士、税理士、中小企業診断士等の有資格者、または10年以上の実務経験者 □企業の企画、総務、監査、経理等の部門で、経営鑑査に従事している者

参考書籍

  • ビジネス実務マナー検定受験ガイド3級
  • ビジネス実務マナー検定実問題集1・2級(第39回~第43回)
  • ビジネス実務マナー検定受験ガイド1・2級