資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ビジネス能力検定ジョブパスの基礎知識

ビジネス能力検定ジョブパスとは?

(旧)ビジネス能力検定(B検)で学ぶ内容と2013年度に新基準「ジョブパス」による改定が行われ新たな「ジョブパス」で身に付ける内容が一つになったのが「ビジネス能力検定ジョブパス」です。
一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団が行う民間資格です。
内容は、業種・業界を問わずに仕事に必要な基本的な内容である8つの意識(顧客、品質、納期、時間、目標、協調、改善、コスト)を中心に、個人やチームで働くためのスキルおよびマインドを身に付けます

仕事について

この資格だけで直接の雇用や採用にはなりませんが、社会人として働いていく上でしかるべきマナー等を身に付けているであろうという見方をしてもらえる資格なので、就職・転職だけでなく広い範囲で有利に働いてくれる資格です。
デスクワークはもちろん、接客や物流から販売にいたるまで身に付けているとどんな職業に就いても役に立つでしょう。

年収について

この資格で直接の収入にはなりませんが、社会人になってからの上級取得により、昇格・昇給のチャンスを掴めることもありますので、自身のスキルアップにおける重要な補佐役になってくれる資格です。
今の収入に+αを目指してこの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

難易度と試験対策

この資格は3級~1級があり、受験資格はなく誰でも取得できます合格率は2級の場合50%前後ですからしっかり問題集を解いていけば合格できるレベルです。3級はビジネスのマナーから話し方を中心にコンプライアンスに関してビジネスの基本をマスターできます。2級になるとお客様とのクレーム対応についてしっかり理解してるかが問われます。IT化時代にあったビジネスセンスを身につけます。1級はビジネス能力検定の総まとめとして組織としての経営戦略について学ぶため会社員として必要なスキルになります。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

上級ビジネス実務士

国際的なビジネス実務の基本について理解をふかめるとともに、さまざまな母国語を持つ相手と英語で意思疎通する語学力、異文化の中で相互理解や新しい価値創造を行うコミュニケーション能力、その他の実務に即した実践的技能を習得。グローバルな環境でも即戦力となれるプロフェッショナル。

経済学検定試験

EREは、主として経済学部および社会科学系学部の学生,社会で活躍するビジネスパーソンを対象に,全国規模で経済学の数理的・理論的な基礎知識の習得程度と実体経済での応用能力のレベルを判定する試験です。 経済学の知識習得の客観的な指標として、また、ビジネス社会において必要とされる経済学の基礎知識とその応用力を養成する検定試験として、就職を目指す大学生をはじめ、ビジネ...

CFM(米国公認経営管理士)

CFM(米国公認経営管理士)とは、Certified Financial Managerの略で、アメリカのIMAが(米国管理会計士協会)が認定する、経営・マネジメントに関する国際資格である。会計・財務関連の米国資格であるCFM(Certified in Financial Management)と比較した場合、企業の経理、財務、経営企画といった部門で情報...

参考書籍

  • ビジネス能力検定ジョブパス2級公式テキスト
  • ビジネス能力検定ジョブパス3級公式テキスト
  • ビジネス能力検定ジョブパス3級公式試験問題集