資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

経営学検定の基礎知識

経営学検定とは?

経営学検定とは、経営に関する基礎的専門的知識や経営管理能力・問題解決能力が一定であることを全国レベルで資格認定する検定試験です。特定非営利活動法人経営能力開発センターが主催している試験です。会社員がこの試験に合格すると、管理職や経営者への昇級が期待できます。

仕事について

経営学検定試験を受け、合格するとどんなメリットがあるか。まず、この資格の勉強をすることにより、全国レベルでの総合経営学力の資格を得られ、学業に対しての関心や理解を深められ中級取得者であれば、断然就職活動に有利になります。大学院への進学、中小企業診断士など、進路の可能性も広がってきます。検定試験は日本唯一の資格で経営能力開発センターが主催し、初級、中級、上級に別れておこなわれます。初級の受検者の60パーセントが学生、中級では半分がビジネスマンや行政関係者、上級の受検者となると職業はさまざまであり、近年では大学生、大学院生もみられるようになってきました。この上級の合格率はというと、なんと一割強の難関です。

年収について

経営学検定と収入についてのご説明です。

経営学検定を取得したからといってすぐに収入が上がるとは限りません。しかし、この資格を取得する過程で得た知識を就活や職場で活用することで、結果的に豊かになると思われます。

まず大学では経済・経営系の学部に所属している学生は授業の理解を高められ、ニュースにも関心を持つことで自己の能力開発につながります。

社会人であれば、この資格取得を契機にステップアップや取引先との正確な意思疎通、分析作業を行うことが可能となるでしょう。

この資格を取得し、さらにレベルアップを目指したいと考えている方は中小企業診断士の資格がおすすめです。中小企業診断士の取得を目指している方はぜひ受けてみてはいかがでしょうか。

難易度と試験対策

経営学検定は初級・中級・上級と難易度が分かれています。試験対策としては、試験対策本や問題集など一般発売されており、そのようなテキストを用いて独学で行なったり、資格取得講座に申し込み講座に通って勉強するといった方法が挙げられます。独学でも十分に合格することは可能であり、特に公式テキストを用いて勉強するのがオススメです。公式テキストでは実際の試験に似た問題が出題されています。また、公式サイトやインターネット上では過去の試験で実際に出題された問題を公開しているサイトもあり、インターネットも利用すれば過去問を利用した試験勉強をすることもできます。試験の合格率は、例年初級で50%前後、中級は40%前後、上級は10%程度となっています。

問い合わせ
日本経営協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ビジネス実務士

企業の組織構造や経営資源としての人・物・金・情報について理解をふかめるとともに、情報収集・活用、企画立案、文書作成など、ビジネス活動に必要とされるさまざまな知識・技術を習得し、経済社会で即戦力となれるビジネスのプロフェッショナル。全国大学実務教育協会に加盟する大学・短大で学んだ人だけが得られる資格です。

経営アカデミーマスター

経営アカデミー・マスターは、社会経済生産性本部が経営管理の最先端の研究と教育を産業人に行っていてその修了者に与えられる称号です。 経営理論と実際を週1日、1年間の研修で徹底的に学びます。コースの全課程を修了すると、経営アカデミー・マスターの認定資格(称号)を授与されます。

プレゼンテーション実務士

プレゼンテーション実務士は、レゼンテーションの技法を理解し、身体表現を含むさまざまな表現やOHPどの情報機器ツールを使いこなして効果的なプレゼンテーションができることを認定する資格です。 あらゆる業種においてプレゼンテーションの技術は必要なため、そのニーズは高いです。就職活動や転職の際もプレゼンの技術が大いに役立つでしょう。 プレゼンテーション作成検定2級以...

参考書籍

  • 経営学検定試験公式テキスト〈1〉経営学の基本―初級受験用
  • 経営学検定試験 過去問題・解答・解説 中級編
  • 経営学検定試験公式テキスト〈2〉マネジメント―中級受験用