資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

日商簿記検定の基礎知識

日商簿記検定とは?

日商簿記検定とは、帳簿をつける際に必要な簿記の資格のことです。商工会議所が主催しており、毎年1級から4級までで10万人以上の人が受験しています。日商簿記検定をとることで、帳簿付けや工場での原価計算について理解していると企業から判断されるため、経理の仕事の就職に強くなります。

仕事について

一般事務で仕事をするとき日商簿記検定の資格があると履歴書に書けるため就職するときの採用率が上がります。簿記は会社の経理をするときにメリットがあり社内のお金の流れを伝票や小切手から収入と支出をまとめ税理士に提出するための書類を作成します。最近の事務は毎月税理士に提出しやすいように会計事務所が扱っているソフトを使いながら経理を行うため税金関係の書類作成は楽になり入力ミスもわかるようになってきてます。経理事務で仕事をするなら日商簿記検定なら3級は最低限必要です。3級に合格したら商業簿記と工業簿記がある2級を目指すことで一より大きな経理の仕事で働けるレベルになります。仕事をしながら1級を目指せばさらに働ける場所も増えてきますから簿記を勉強するとメリットは大きいです。

年収について

社会人になって、若い時に取っておけばよかったと言われるのが、この日商簿記検定です。毎年の受験者の中には、会社から取得してこいと言われ受験する社会人も多くいます。それほど簿記の需要が高く、汎用性が高いということです。この資格を所得していても、利用しないことには収入アップには繋がりません。会社なら経理部、管理部、営業部がいいでしょう。具体的な収入は会社の規模や実務経験にもよるのではっきりしませんが、同期で入った人と比べて仕事を覚えるのも、出世するのも確実に早いです。そして簿記の将来性は高く、もう一つ上の資格、税理士や公認会計士を取得できれば、独立開業して事務所を構え、年収一千万円超えも可能だということです。

難易度と試験対策

日商簿記検定の2~4級の試験は毎年2月、6月、11月の3回行われます。1級は6月と11月の2回のみです。試験対策として4級は計算というよりも簿記の意味を理解するものですから言葉を埋める試験問題がありこれから簿記をやる人のためです。4級の資格を取るなら3級から始めた方が効率いいです。3級の試験問題は5問しか出ませんが1問ずつ細かい問題が出てきてます。計算問題が出たときは貸方と借方の記入ミスを防ぐように何度も練習しておくといいです。伝票問題も仕組みを理解してないと解けないことがありますから伝票の流れをしっかり把握しておくようにします。電卓を使いながら試験を行いますから電卓操作に慣れておき使いやすいものを選ぶようにします。

関連資格

財務検定

財務検定とは、財務報告実務検定事務局が主催する検定試験です。財務報告は、その性質からして経理部門が相当部分を担うのが通常です。その簿記の知識に加えて、有価主権報告書や企業法などを知識を含めて財務報告を熟知した人材を育成するのが目的です。

暗算検定試験(全珠連)

全珠連暗算検定は、全国珠算教育連盟主催の暗算能力を判定する試験です。記憶力や集中力といった能力をきたえることができ、企業での業務や日常生活での買い物などに役立ちます。また、簿記や会計の資格取得のも焼く出します。

建設業経理事務士

建設業経理事務士とは一般財団法人である建設業振興基金が運営している資格のことを指しています。難易度に応じて1級から4級まであり合格者数は全部で74万人程度います。建設業で働く方にとって経理に関する知識や処理能力の向上をはかるための資格であり、他の業種でも経理を行う上で非常に役立ちます。