資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

財務検定の基礎知識

財務検定とは?

財務検定とは、財務報告実務検定事務局が主催する検定試験です。財務報告は、その性質からして経理部門が相当部分を担うのが通常です。その簿記の知識に加えて、有価主権報告書や企業法などを知識を含めて財務報告を熟知した人材を育成するのが目的です。

仕事について

財務検定は経営部門の仕事を担う事が多く、経営部門に必要なスキルが財務検定です。財務の報告から内部統制報告の負担が重くなっていますが、スキルアップのために必要で、企業の財務報告の現場では開示実務は経営部門から総務部門など企画部門で必須になっています。この検定の資格があれば各種開示書類の作成からデータの関連性などを把握する事ができます。決算や財務報告に必要なプロセスなどを理解する事もできるので、自然に財務に関するスキルが身につくメリットがあります。公認会計士の取得にとっても実務の能力を身に付ける機会になるので深い関係性があり、公認会計士に合格しやすくなるメリットもあります。開示実務の全体像理解ができるので企業などへの就職が有利になります。

年収について

財務検定は財務に関するスキルと知識を証明することができるので、取得することで、銀行勤務をしている方は業務全般でのスキルアップが可能です。銀行員の平均収入は年収約670万円と言われていますが、大手銀行は1000万円を超えていますので、より多くの収入を得るには、大手銀行に勤務すると良いと思います。銀行の他に一般企業への就職・転職の際も財務面での専門的なスキルを持っているとして評価される資格です。財務検定は、銀行業務検定試験の中の種目のひとつなので、他の種目、より上位の級も取得することで、さらに高度な金融全般の知識を証明することができ、金融の専門家としての独立に向けたステップとしても活用できる資格です。

難易度と試験対策

財務検定は銀行業務検定のひとつであり4級、3級、2級の階級に分かれています。4級は三答択一式の50問であり3級は五答択一式の50問、2級は記述式の10問となっております。6割合格であり合格率は4級70%前後、3級35%前後、2級30%前後です。4級と3級はマークシート式であり出題傾向がある程度決まっている場合が多いため過去数年間に多く出題された問題を中心に試験対策を行うと良いでしょう。また、問題集や過去問を繰り返し解くことできちんと内容を理解することが大切です。そして、2級の試験は記述式でありマークシートよりは難しくなりますが、過去問をベースにした問題が多く出題されるので何度も解くことで頭に叩き込むことが試験の合格に繋がるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

銀行業務検定試験

銀行業務検定試験とは、銀行、生保、損保、証券、法務、財務、税務、外国為替、証券、ファイナンシャル・アドバイザー、投資信託、金融経済など金融機関に必要な技能と知識を認定する資格です。 銀行に就職した人は、必ずと言っていいほど取得させられます。金融面での専門性を認められるので、一般企業への就・転職にも有利です。

経理診断士

経理診断士は、企業経営・経理のコンサルタントとして、企業経営について診断・指導・相談・助言、記帳代行・指導、会計諸帳簿の計画立案・記帳の代理などを行う資格です。1級と2級がありますが、現在は書類審査だけで資格を認定しています。 有資格者は、公認会計士や税理士など、会計及び税務系の国家資格者の補助業務が行う事が出来る程度の能力があると認められます。 会計・経...

暗算検定試験(全珠連)

全珠連暗算検定は、全国珠算教育連盟主催の暗算能力を判定する試験です。記憶力や集中力といった能力をきたえることができ、企業での業務や日常生活での買い物などに役立ちます。また、簿記や会計の資格取得のも焼く出します。

参考書籍

  • 改訂版 経理・財務スキル検定(FASS)テキスト&問題集
  • 2013年度版 財務報告実務検定 公式問題集
  • 2013年度版 財務報告実務検定 公式テキスト 〈上巻〉