資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

放射線取扱主任者の基礎知識

放射線取扱主任者とは?

放射線取扱主任者とは、原子力規制委員会が免状を付与する国家資格です。放射線を取り扱う事業所において、放射線障害防止を目的とした監督を行います。試験は第1種と第2種に分かれており、それぞれ取扱い区分が異なります。第3種については講習のみとなります。

仕事について

放射線取扱主任者の資格保持者は、主に放射線を取り扱う事業所において、放射線障害の防止について監督を行う仕事に就くことができます。具体的な職場としては、放射線同位元素や放射線発生装置を扱う事業所、販売所、廃棄事業所、病院や研究機関、製造業などが考えられます。精密機器メーカーや病院などでは、主に放射線設備の日常のメンテナンスや修理などを行うことになります。また、新製品の開発などを行う場合もあります。ちなみに放射線障害とは、電離放射線の生物学的作用によって、生体の細胞や組織が変化することが原因となって生じる障害のことを指します。比較的早期に見られる早発性障害と、相当に期間が経ってから現れる晩発的障害があり、これらを防止する役割を担うのです。

年収について

放射線取扱主任者として働く場合の給与は、次の年収を参考にすることができます。注射針などの医療機器への電子線滅菌設備の管理の職で年収220万~750万円、診療放射線技師で530万円前後です。業種によってもちろん年収は異なりますが、実務経験を重ねれば確実にキャリアアップと年収アップを狙うことができるでしょう。また「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」の第四章放射線取扱主任者において、指定の放射線を取り扱う指定業者は、放射線障害の防止について監督を行わせるための放射線取扱主任者を選任しなければならない旨が定められています。このことから、放射線取扱主任者資格取得者のニーズが今後も失われることはなく、将来性については問題ないと言えるでしょう。

難易度と試験対策

放射線取扱主任者の資格を取得するには、まず放射線取扱主任者試験に合格した後、所定の講習を受講することが必要です。所定の講習とは、文部科学省長官が指定した講習です。有効なテキストとしては「放射線概論―第1種放射線試験受験用テキスト」が挙げられます。大学等で放射線の勉強しているという場合でない限り、基本的なことが書かれているので、初心者にとっても有益な参考書だと言われています。また、問題集としては「放射線取扱主任者試験問題集(第1種)」が良いと言われています。第1種については2日間の試験、第2種については1日間の試験で、どちらもマークシート方式です。独学の他にも、原子力科学研究所原子力人材育成センターでは講義が開催されているなど、試験対策は比較的充実しています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

防錆管理士

防錆管理士とは、「防錆」という特殊な技術の高さを評価する資格を指す言葉です。「防錆」とは、社会で広く使われている資材である「金属」の維持や管理においては避けて通れない、「錆びる」という現象を食い止めるために使われる技術を意味しています。防錆管理士は、建物や設備の腐食や劣化を予防するという重大や役割を果た...

遊技機取扱主任者

遊技機取扱主任者とは、遊技機(いわゆる「パチンコ台」や「スロット台」のことです)の設置や保守・点検を行うことを認められる人材を確保するために用意された資格です。試験では、遊技機の取り扱いに関する知識全般が問われます。現在の日本では遊技機の存在感は大きく、遊技機取扱主任者はじゅうぶんに需要が高い職業といえ...

エネルギー管理士

エネルギー管理士は、規定量以上のエネルギーを使用する工場にて、エネルギーを消費する設備の維持や使用方法の改善や監視などを行う職務に就くことのできる資格です。試験か研修を受けて免状を付与されることで認定されます。