資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ステンレス鋼溶接技能評価の基礎知識

ステンレス鋼溶接技能評価とは?

はじめて受験するときは、学科試験があります。出題内容は、次の分野です。
a)ステンレス鋼の一般知識 b)ステンレス鋼と溶接材料 c)溶接機の構造と操作
d)溶接施工 e)溶接部の試験と検査 f)溶接作業での安全衛生
試験は、JIS Z 3821にもとづいて行い、外観試験及び曲げ試験により評価します。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

PC工法溶接技能者

溶接技能者の技量は、溶接の対象となる構造物などの品質を左右する重要な要素であり、溶接技能者の資格は、構造物などの製作にあたり適用法規、発注仕様書などによって要求されています。  日本溶接協会では、JIS、WESなどの検定試験規格にもとづいて評価試験を全国各地で行い、資格認証しています。

自転車安全整備士

自転車安全整備士とは、警察庁の後援により、公益財団法人 日本交通管理技術協会が実施する技能検定です。自転車の点検・整備、交通安全指導などを行う役割として従事することができます。自転車安全整備士が整備した自転車には点検整備済TSマークが付きます。

米国州政府認可技術者資格

1907年、米国でエンジニアの能力・技術の登録が制度化された背景には、 公共の福祉という目的がありました。きっかけはワイオミング州で土地所有に関する地図、図面の作成について、 不正確さや意図的な歪曲によるトラブルが発生したため、すべてのエンジニアと土地測量技師の登録を義務づける法案が出され、正式な州法として成立しました。 その後、エンジニア登録法は他の州にも広...

参考書籍

  • JISステンレス鋼溶接受験の手引―JIS Z3821ステンレス鋼溶接技能者研修テキスト