資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

包装管理士の基礎知識

包装管理士とは?

包装管理士は、自然と地球に優しい包装や梱包とは何かを常に研究し、大事な製品をいかに効率よく経済的に目的地に届けるかが大きな使命とされています。
包装管理士は、NHKの番組で取り上げられたことでも大きな注目を浴びている資格です。

仕事について

・各メーカーなどから製品を出荷するさいなどに、その製品に傷がついたり、破損したりしないような効果的、かつ経済的な包装のしかたを管理する。
・製品を傷つけないような方法であればいいというわけではなく地球にやさしく環境に配慮した梱包・包装が求められる。

いかに梱包・包装の減量化、軽量化をはかるかという点でやりがいがあるといえます。
無駄な梱包や包装の材料費などで企業に与える損失は計り知れません。
ですが、輸送中に製品に傷がついたり、破損しないよう、またこのような点をどのように解決していくのかが知識の見せどころでもあります。
企業では日々、新しい製品が研究・開発され製品化されていますが、それにともない新しい梱包・包装の必要性もまた求められています。

年収について

包装管理士の年収というのは、一概には言えません。
というのも、企業などに勤め、その中の梱包・包装管理の仕事に就くという形態が多いため就職する企業の定める規定に従って年収額が決定されます。
資格をとることで、手当がついたり、規定に基づいた収入アップは見込まれます。

包装管理士には「包装物流のスペシャリスト集団」という副題がつけられた日本包装管理士会があります。これは、日本放送技術協会主催の包装管理士講座を修了された、包装の専門会が終結する団体です。包装管理士として実務経験などを積み、より専門的な知識や研究などを深めれば、このような団体が主催するセミナーの講師などにも抜擢され年収アップにも大きな期待がもてます。

包装にはさまざまな形態や方法があり、まだまだこれから発展が見込める分野だとされています。特に、自然に優しい包装や梱包の補法やその素材について、研究の余地が残されています

難易度と試験対策

包装管理士の歴史は古く40年以上に及びます。現在では約8500名の包装管理士が全国で活躍しています。
受験資格はJPI(公益社団法人 日本包装技術協会)会員で22歳以上、なおかつ包装関連の実務が4年以上ある者となっており、包装管理士の合格率は85%となっており、難易度としてはやや高めとなっています。

【試験科目】
「統括」「材料」「専門」の3つがあります。

【試験対策】
包装の社会的役割や包装に関する法律、パッケージにおけるユニバーサル・デザインなど
包装に必要な諸機能などを勉強しておくと良いでしょう。

【試験時期】オリエンテーションとして統括科目が6月の上旬に行われます。
一般講義が材料科目・専門科目として6月中旬から7月下旬に行われるのですが会場は別になります。
ケーススタディと筆記試験は9月の上旬に行われます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

原子炉主任技術者

原子炉主任技術者とは、原子炉設置者の行う原子炉の運転に関して保安の監督を行うために原子炉ごとの炉主任として選任されています。 専門性が非常に高い資格であり、仕事内容としても一般の会社員に比べれば責任が求められるがゆえにやりがいのある資格・仕事だといえます。

ラジオ・音響技能検定

AR検定とも呼ばれる、ラジオ・音響技能検定とは、エレクトロニクス・オーディオの知識と技能とを問う検定試験です。 この資格を取得していると、日本国内で家電メーカーのエレクトロニクス部門への就職・転職の際に、強い味方になってくれます。

認定眼鏡士

日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士は、最適なメガネ選びを提供するメガネのスペシャリストを認定する資格です。最適なメガネ選びを行うためには、適切な視力測定、レンズ選定、フレーム選びのほか、さまざまな要素が必要となります。その専門性と技術を証明するための資格が認定眼鏡士です。