資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

家電製品アドバイザーの基礎知識

家電製品アドバイザーとは?

家電製品アドバイザーは、消費者に対し家電商品選びのアドバイスや使用方法、廃棄などのアドバイスを適切に行うための知識や技能を評価する資格です。
資格を取得していることで信頼性が高まるため家電製品アドバイザーの需要は、今後ますます増していく傾向にあります。

仕事について

【家電製品アドバイザーの仕事内容】
・消費者からの家電に関するさまざまな相談を受けて、その相談に応じ、必要なアドバイスや適切な説明を任される。
・テレビやビデオ、エアコン、冷蔵庫などの家電に関して、消費者のニーズに合った商品選択をします。
・家電製品の使用方法についての説明を行ったり、不具合や故障とみられるトラブルが発生した場合のアドバイスも行います。

また、不要になった家電の廃棄についての相談に応じたり、アドバイスを行ったりもしますが、家電製品アドバイザーの資格を取得している社員が家電に関する各種相談やアドバイスを行うことで、より消費者からの信頼性を得られるため、顧客満足として力を入れている企業もあります。

年収について

家電製品アドバイザーの平均年収は、現在明確なデーターは出ておりません。しかしながら、首都圏を中心に展開している大手家電販売店「ヤマダ電気」の家電製品アドバイザーの平均年収は400万円前後ということが分かりました。どの家電販売店の収入もこの額からそれほど遠くはないものと思われます。

注目のIT家電など、以前は専門家だけにしか需要がなかったような家電製品が一般消費者にも広がるにつれて、家電製品アドバイザーも必要とされてきていますので、キャリアアップを目指し年収を上げるには有利になるでしょう。
家電製品アドバイザー資格を社内教育のひとつとして位置付けようとする企業もありますので、今後はますます、家電製品アドバイザーの注目度、需要は高まるとみられています。

難易度と試験対策

家電製品アドバイザー試験範囲は「AV情報家電」と「生活家電」の2つがあります。その中の商品知識と関係法令が尋ねられますが、試験難易度は、難しいものではなくAV情報家電、生活家電ともに合格率は50%程度となっています。
資格試験の要求されている点は、テレビ・ビデオ、エアコン、冷蔵庫など消費者のニーズに合った商品選択、使用方法、不具合の発生時、廃棄時へのアドバイスを適切に行えるのか、その知識と技能をもっているかどうか、というところです。

【AV情報家電】
商品知識は、テレビ受信機、地上デジタル、ディスプレイ、デジタルビデオカメラ、プロジェクタ、デジタルスチルカメラ、DVD/HDDレコーダー、BS/CSチューナー、ビデオプリンタ、システムステレオなどが必要。

【生活家電】
商品知識は、電気冷蔵庫、食器洗い乾燥機、電子レンジ、電子ジャー炊飯器、ジャーポット、IHクッキングヒーター、洗濯機、衣類乾燥機、家庭用生ごみ処理機、ふとん乾燥機などの知識が必要。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

塗装技能士

塗装技能士とは、技能検定制度において定められている検定の一種で、塗装に関する学科及び実技試験に合格した者のことを言います。国家資格であることや、合格率の低い難関資格であることから、塗装業界では、特に特級と一級塗装技能士については重宝されています

職業訓練指導員

職業訓練指導員とは、公共職業訓練及び、認定職業訓練において、訓練・指導を行う立場に立つ者のことを言います。職業能力開発促進法では、職業訓練指導員免許は、印章彫刻科、インテリア科、園芸科、介護サービス科、化学分析科、ガラス科、観光ビジネス科、機械科、木型科、貴金属・宝石科などを始めとして、全部で123職種定められています。

舞台機構調整技能士

舞台機構調整技能士とは舞台製作に情熱を持ち、音響などの機器や設備などの管理を行い舞台機構の調整に必要な技能を認定する国家資格です。 舞台機構調整技能士の資格を取得していないものが舞台機構調整技能士と称することは禁じられています。

参考書籍

  • 家電製品アドバイザー試験全問題&解答集 12年~13年版
  • 家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター 第8版
  • 家電製品アドバイザー資格 商品知識と取扱い AV情報家電編 2013年版 (家電製品資格シリーズ)