資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

認定眼鏡士の基礎知識

認定眼鏡士とは?

日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士は、最適なメガネ選びを提供するメガネのスペシャリストを認定する資格です。最適なメガネ選びを行うためには、適切な視力測定、レンズ選定、フレーム選びのほか、さまざまな要素が必要となります。その専門性と技術を証明するための資格が認定眼鏡士です。

仕事について

認定眼鏡士は、適正なメガネを調整する仕事を行います。メガネ選びは簡単なようで非常に専門的で高度な技術を要します。使用し続けても疲れないためのフィッティング調整や、目的やライフスタイルに合ったレンズやフレームの選定などが必要になってきます。よくメガネはただ見えれば良い、お洒落のため、という認識を持たれることが多いですが、かけていて疲れない、目に負担がかからない、長年使えるなどの条件も必要になってきます。認定眼鏡士はメガネ選びにおいて、あらゆる要素からサポートを行います。簡単なように見えて高度な技術を要するこの資格。取得すれば、眼鏡専門店、大手眼鏡販売チェーン店などにおいて、視力測定からメガネの販売、加工調整などの業務を極めることができます。

年収について

認定眼鏡士は、その資格を眼鏡店の店長になるための条件としているメガネ企業もあるくらい、メガネ販売業界では非常に重宝される資格です。認定眼鏡士の資格を持っているメガネ高級店の店長で、650万円以上の年収がある人もいます。メガネチェーン店の大手企業の平均年収が460万~570万円ということからしても、認定眼鏡士の資格保持者は高年収の見込みがあるということができるでしょう。また、ある企業では、認定眼鏡士の資格を取得するための補助金が出ることもあります。このことから、認定眼鏡士のメガネ市場における将来性は決して薄くはないことが分かります。資格取得が、メガネ業界で生き残るための手段の一つとなり得るでしょう。

難易度と試験対策

認定眼鏡士になるためには、2通りの方法があります。一つは、眼鏡専門学校を卒業、または2年制以上の通信制を修了することです。もう一つは、日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士試験を受験することです。この試験を受験するには、所定年数の眼鏡実務経験が必要となり、独学で試験範囲を勉強する必要があります。試験は学科試験と実技試験に分かれており、それぞれの対策が必要になります。独学のための参考書には、医学系、光学系、視機能系、加工調整系などがあり、比較的豊富です。協会ではSS級、SSS級共に例題集も販売されているので、大いに活用することができます。実技試験では、眼鏡加工、フィッティング、視機能測定が問われるので、販売業務を行いつつ、練習していく必要があるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

写真技能士

写真技能士の資格は、職業能力開発促進法に基づき、カメラマンの写真技能の技術や知識を証明するもので、実力に応じて3級・2級・1級があります。 職業能力開発促進法により、写真技能士の資格を取得していないものが写真技能士と称することは禁じられています。

VEスペシャリスト

VE(Value Engineering)とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。 現在の企業経営は、積極的なVE活動なくては利益確保や新製品開発は難しくなってきており、VEは、いまや経営に不可欠なものとして官庁や自治体の公共工事、また建設の分野において...

家電製品エンジニア

家電製品エンジニアという仕事は、IT家電が次第に一般家庭に普及していく昨今、家電製品の故障や修理、その他アドバイスなど非常に需要が求められている将来性のある資格です。家電製品エンジニアは修理技術者資格とも呼ばれています。