資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

職業訓練指導員の基礎知識

職業訓練指導員とは?

職業訓練指導員とは、公共職業訓練及び、認定職業訓練において、訓練・指導を行う立場に立つ者のことを言います。職業能力開発促進法では、職業訓練指導員免許は、印章彫刻科、インテリア科、園芸科、介護サービス科、化学分析科、ガラス科、観光ビジネス科、機械科、木型科、貴金属・宝石科などを始めとして、全部で123職種定められています。

仕事について

職業訓練指導員の職場は、職業能力開発促進法の規定に基づいて、国・都道府県が職業訓練を行うために設置している施設である「公共職業能力開発施設」及び、事業主等が職業訓練を行うために設置している施設である「認定職業訓練施設」です。具体的には、雇用・能力開発機構立職業能力開発施設や、職業能力開発を行う各種学校、職業能力開発促進センター、都道府県立職業能力開発施設、障害者職業能力開発校、法務省矯正施設などになります。これらの施設で訓練・指導を担当する指導員は必ず職業訓練指導員免許を要します。その具体的な業務としては、職業に関する技能や知識の指導や、各業界の教育訓練の内容の把握などを通して、キャリア形成に関する相談を受けたり、業界把握によって得た情報を元に、教育訓練プログラムをまとめあげたりすることなど様々です。

年収について

職業訓練指導員の資格を取得した後、実際に職業訓練指導員になる人の割合は10%であり、90%の人は民間企業へと就職しているようです。職業訓練指導員として働く場合には、一般行政職であることから、初任給は18万円程度になります。その後出世し、35歳を過ぎた頃になればそれなりの給与を見込めることでしょう。岐阜職業訓練支援センターの例では、職業訓練嘱託指導員で月収21万円、沖縄県庁総務部の職業訓練指導員の例では、月収15.5万円となっています。また、職業訓練指導員は国家資格であることや、とても需要が多いということから、決して廃れるということはない職種です。一度取得してしまえば、将来は安泰であると言って良いでしょう。

難易度と試験対策

職業訓練指導員の資格試験は、学科試験と実技試験で構成されており、それぞれ123の職種ごとに実施されます。合格者の体験談によれば、資格取得方法の中でおすすめなのは、48時間の職業訓練指導員講習を修了して免許を取得することだと言います。講習では、実際に職業訓練を行う際の指導の仕方などを身に着けることができるので、資格取得だけでなく、実践で役立たせることもできると評判が高いです。ただし、連続して6日間受講する必要があり、仕事で連続した休みが取れない場合にはむずかしいでしょう。対策テキストとして、厚生労働省職業能力開発局から出ている「職業訓練における指導の理論と実際 別冊練習問題付」を利用することもできます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

トレース技能検定

この検定試験は、トレース技能審査基準にもとづいて行われる文部科学省が後援する検定試験です。トレーサーとしての専門知識及び技能を有しているかを判断し、成績優秀者及び成績優秀団体には、文部科学大臣賞等が授与されます。 トレースは、専門家が描いた建築・機械・地図・デザイン等の図面を清書する仕事です。トレースの学習をすることにより図面の基礎素養が身に付き、図面作...

原子炉主任技術者

原子炉主任技術者とは、原子炉設置者の行う原子炉の運転に関して保安の監督を行うために原子炉ごとの炉主任として選任されています。 専門性が非常に高い資格であり、仕事内容としても一般の会社員に比べれば責任が求められるがゆえにやりがいのある資格・仕事だといえます。

包装管理士

包装管理士は、自然と地球に優しい包装や梱包とは何かを常に研究し、大事な製品をいかに効率よく経済的に目的地に届けるかが大きな使命とされています。 包装管理士は、NHKの番組で取り上げられたことでも大きな注目を浴びている資格です。