資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

塗装技能士の基礎知識

塗装技能士とは?

塗装技能士とは、技能検定制度において定められている検定の一種で、塗装に関する学科及び実技試験に合格した者のことを言います。国家資格であることや、合格率の低い難関資格であることから、塗装業界では、特に特級と一級塗装技能士については重宝されています

仕事について

塗装技能士は、主に一般家庭やオフィス、高層ビルなどの外壁の塗装を手掛ける仕事を行います。新築の場合も、塗り替えの場合も同様に業務を請け負います。とはいえ、塗装工事は特に経験や資格がなくとも行えるため、塗装技能士は塗装業務についての必須資格ではありません。しかし、資格のない業者が多い中、塗装技能士の資格を持っているというだけで、技術力の面においてお客さんを安心させることができるでしょう。塗装工事はトラブルが多いことからも、塗装技能士の資格は重宝されることは間違いありません。特に一級以上の塗装技能士は、ベテランの職人であっても合格率が半数以下であることから、取得者は以後そのステータスと実務経験をアピールすることができます。

年収について

塗装技能士として働くと、どれほどの収入が見込めるのでしょうか。塗装業界では、一般的に日給6,000円~15,000円と言われています。塗装技能士の取得により、資格手当が支給される会社も多いことからも、塗装業界で働く場合には、目指すべき資格であると言えるでしょう。もちろん、会社の形態などによって収入は大きく左右されます。また、将来性はというと、今後、新築だけでなくリフォームも多くなる見通しがあり、ますます塗装業者の活躍のシーンは増えることでしょう。このことから、塗装技能を証明する塗装技能士を取得しておけば、さらに安心であると言えるでしょう。また、環境問題やアレルギー対策などにより、日々新しい基準が生まれ、新しい資材が開発されていることもあり、日々勉強していくことでさらに活躍できることでしょう。

難易度と試験対策

塗装技能士の資格は、受験資格として特級、1級、2級、3級いずれも指定年数の実務経験が条件として指定されています。つまり、試験勉強は塗装業界で働きながら行うことになるでしょう。試験は学科試験と実技試験に分かれています。実技試験は、作業職種ごとに行われます。その作業職種は、木工塗装作業、建築塗装作業、金属塗装作業、噴霧塗装作業、鋼橋塗装作業に分けられます。学科試験をサポートする参考書としては、「塗装技能士検定演習読本」や「二級技能士コース 塗装科」などが挙げられます。また、実技試験の講習が各都道府県の塗装組合や、塗装工業会などで開催されていることもあり、それらを利用して知識と技術を高めることでも、試験対策を行うことができます。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

認定眼鏡士

日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士は、最適なメガネ選びを提供するメガネのスペシャリストを認定する資格です。最適なメガネ選びを行うためには、適切な視力測定、レンズ選定、フレーム選びのほか、さまざまな要素が必要となります。その専門性と技術を証明するための資格が認定眼鏡士です。

舞台機構調整技能士

舞台機構調整技能士とは舞台製作に情熱を持ち、音響などの機器や設備などの管理を行い舞台機構の調整に必要な技能を認定する国家資格です。 舞台機構調整技能士の資格を取得していないものが舞台機構調整技能士と称することは禁じられています。

職業訓練指導員

職業訓練指導員とは、公共職業訓練及び、認定職業訓練において、訓練・指導を行う立場に立つ者のことを言います。職業能力開発促進法では、職業訓練指導員免許は、印章彫刻科、インテリア科、園芸科、介護サービス科、化学分析科、ガラス科、観光ビジネス科、機械科、木型科、貴金属・宝石科などを始めとして、全部で123職種定められています。