資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

VEスペシャリストの基礎知識

VEスペシャリストとは?

VE(Value Engineering)とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。
現在の企業経営は、積極的なVE活動なくては利益確保や新製品開発は難しくなってきており、VEは、いまや経営に不可欠なものとして官庁や自治体の公共工事、また建設の分野においても急速にVEが活用され、普及しています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

VEリーダー

VEリーダーとは、日本VE協会が認定する資格のことで、職場やグループでの活動において、VE活動のリーダーを務めるために必要な基礎知識を持っている人材であることを証明するものです。ちなみにVEとはValue Engineering(バリュー・エンジニアリング)の略称です。

ラジオ・音響技能検定

AR検定とも呼ばれる、ラジオ・音響技能検定とは、エレクトロニクス・オーディオの知識と技能とを問う検定試験です。 この資格を取得していると、日本国内で家電メーカーのエレクトロニクス部門への就職・転職の際に、強い味方になってくれます。

認定眼鏡士

日本眼鏡技術者協会が実施する認定眼鏡士は、最適なメガネ選びを提供するメガネのスペシャリストを認定する資格です。最適なメガネ選びを行うためには、適切な視力測定、レンズ選定、フレーム選びのほか、さまざまな要素が必要となります。その専門性と技術を証明するための資格が認定眼鏡士です。

参考書籍

  • 新・VEの基本―価値分析の考え方と実践プロセス
  • よくわかる「VA/VE」の本 (ナットク現場改善シリーズ)
  • VEリーダー認定試験問題集―要点整理と解説・解答