資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

航空学生の基礎知識

航空学生とは?

航空学生とは海上自衛隊、航空自衛隊のパイロット等を目指す人の養成課程です。高校卒業と同等の学力を有する人が受験することができ、合格すると自衛隊に入隊し、2年間の基礎教育を受けます。教育期間中は学生でありながら自衛官としての給与が支給されます。

仕事について

航空学生は海上自衛隊、航空自衛隊のパイロットを養成する制度です。高校卒業から21歳未満の男女に受験資格があります。航空学生の大きなメリットは、授業料無料でパイロットになるための訓練が受けられることです。合格すると自衛隊に入隊し、学生でありながら自衛隊員としての給与が支給されます。2年間の基礎教育、その後の飛行訓練と一人前のパイロットになるまで長い訓練期間が続きますが、訓練することや教育を受けることが仕事になります。全寮制で住むところや食事の心配もありません。制服は全て貸与されます。衣食住の心配をすることなく、パイロットになるための勉学に専念できることがメリットです。常に男女平等で、女性にも男性と同等の体力や訓練が課されます。厳しい面もありますが、国を守る大変やりがいのある仕事です。

年収について

航空学生は海上自衛隊、航空自衛隊のパイロット等を養成するコースです。受験資格は高校卒業から21歳未満の男女で、筆記試験、適性検査や身体検査があります。筆記試験は高校卒業程度の学力が必要となります。採用試験に合格すると自衛隊に入隊し、寮で団体生活を送りながらパイロットになるための研修や訓練を受けます。航空学生は学生という名前ですが、特別職国家公務員であり、給与が支給されます。平成24年4月現在、初任給は約16万円です。年に1回の昇級、年に2回のボーナスもあり、安定した収入が魅力的です。また実際にパイロットとして航空機に搭乗するようになれば、航空手当、乗組手当、地域手当等が更にプラスして支給されます。国の平和を守る大きな使命が高収入に結びつく仕事です。

難易度と試験対策

航空学生は、航空自衛隊と海上自衛隊のパイロットを養成する制度です。試験に合格し航空学生になると全寮制の学校で2年間を受けその後、飛行訓練など実践的な教育を受けて、自衛隊のパイロットを目指します。受験資格は高卒(見込み含)の21歳未満の男女です。試験科目は、1次が筆記試験、適性検査、2次が航空身体検査、適性検査、面接、3次が操縦適性検査、医学適性検査です。試験日程は毎年9月ごろに1次試験が行われ、10月に2次試験、11月に3次試験と続きます。3次試験では、教官と一緒に航空機に搭乗し操縦適性を受けます。筆記試験の科目は、国語、数学、英語、選択の4種です。高校2年までのレベルとなります。試験対策としては教科書で基礎知識を学習し、問題集で実践力アップするのが一般的です。

問い合わせ
防衛省・自衛隊

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

刑務官

刑務官とは法務省の事務官で、刑事施設において収容されている者の処遇を担当したり、刑罰の執行を担当したりします。 職務は、刑務所において収容されている者の矯正教育などによる社会復帰の援助、拘置所においては被疑者等の逃走防止、証拠隠滅の防止を行います。

国家公務員3種

国家公務員採用3種試験は、各省庁や出先機関で一般事務や窓口業務を行う初級職員の採用試験です。 国家3種=地域密着の公務員。 国家3種での採用者は職務上、一般市民とふれ合う機会の多い公務員です 職種は行政事務、税務、電気・情報、機械、土木、農業土木、林業、建築、科学、農業の10区分に分けられています。年度によって試験が行われない職種もあります。

2等陸・海・空士(女子)

自衛官と言うと、男の職場と言うイメージが強いが、年間約680人の女性自衛官が誕生している。 女性自衛官の職務は、総務・人事・文書・厚生・会計などの業務、火器、航空機、電子機器などの整備業務、通信、電算機などのオペレーター、気象図・地図などの作業業務など幅広い。 入隊すると2等陸・海・空士に任命され、約4~6ヶ月の教育訓練を受け入隊の9ヶ月後に1士になる。 ...

参考書籍

  • 最近5か年自衛官採用試験問題解答集〈3〉航空学生―平成19~23年実施問題収録 (自衛官採用試験問題解答集 3)
  • 翔べ海上自衛隊航空学生―パイロット人生38年の航跡 (光人社NF文庫)