資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

航空学生の基礎知識

航空学生とは?

航空学生とは海上自衛隊、航空自衛隊のパイロット等を目指す人の養成課程です。高校卒業と同等の学力を有する人が受験することができ、合格すると自衛隊に入隊し、2年間の基礎教育を受けます。教育期間中は学生でありながら自衛官としての給与が支給されます。

仕事について

航空学生は海上自衛隊、航空自衛隊のパイロットを養成する制度です。高校卒業から21歳未満の男女に受験資格があります。航空学生の大きなメリットは、授業料無料でパイロットになるための訓練が受けられることです。合格すると自衛隊に入隊し、学生でありながら自衛隊員としての給与が支給されます。2年間の基礎教育、その後の飛行訓練と一人前のパイロットになるまで長い訓練期間が続きますが、訓練することや教育を受けることが仕事になります。全寮制で住むところや食事の心配もありません。制服は全て貸与されます。衣食住の心配をすることなく、パイロットになるための勉学に専念できることがメリットです。常に男女平等で、女性にも男性と同等の体力や訓練が課されます。厳しい面もありますが、国を守る大変やりがいのある仕事です。

年収について

航空学生は海上自衛隊、航空自衛隊のパイロット等を養成するコースです。受験資格は高校卒業から21歳未満の男女で、筆記試験、適性検査や身体検査があります。筆記試験は高校卒業程度の学力が必要となります。採用試験に合格すると自衛隊に入隊し、寮で団体生活を送りながらパイロットになるための研修や訓練を受けます。航空学生は学生という名前ですが、特別職国家公務員であり、給与が支給されます。平成24年4月現在、初任給は約16万円です。年に1回の昇級、年に2回のボーナスもあり、安定した収入が魅力的です。また実際にパイロットとして航空機に搭乗するようになれば、航空手当、乗組手当、地域手当等が更にプラスして支給されます。国の平和を守る大きな使命が高収入に結びつく仕事です。

難易度と試験対策

航空学生は、航空自衛隊と海上自衛隊のパイロットを養成する制度です。試験に合格し航空学生になると全寮制の学校で2年間を受けその後、飛行訓練など実践的な教育を受けて、自衛隊のパイロットを目指します。受験資格は高卒(見込み含)の21歳未満の男女です。試験科目は、1次が筆記試験、適性検査、2次が航空身体検査、適性検査、面接、3次が操縦適性検査、医学適性検査です。試験日程は毎年9月ごろに1次試験が行われ、10月に2次試験、11月に3次試験と続きます。3次試験では、教官と一緒に航空機に搭乗し操縦適性を受けます。筆記試験の科目は、国語、数学、英語、選択の4種です。高校2年までのレベルとなります。試験対策としては教科書で基礎知識を学習し、問題集で実践力アップするのが一般的です。

問い合わせ
防衛省・自衛隊

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

国立国会図書館職員

国立国会図書館は、日本の国会議員の調査研究、行政、ならびに日本国民のために奉仕を提供する図書館であり、国立国会図書館職員は、この日本最大の情報センターである国立国会図書館に勤務し、調査業務や司書業務、一般事務などの業務に従事する職員です。

航空管制官

航空管制官とは国土交通省に所属する国家公務員です。空港で航空機に離発着の指示を与え、管制業務を行います。航空管制官採用試験を受験し合格すると採用されます。平成24年度の実績では合格者数は受験者の5.5%です。採用後、航空保安大学校で1年間の基礎研修を受け、更に空港等で実地訓練を受けて経験を積みます。

労働基準監督官

労働基準監督官とは労働関係法令の基づいて事業場等に立ち入り調査などを行い、法令の遵守を進めるとともに、労働条件の向上を図る厚生労働省の職員です。 厚生労働省に配置されるほか、都道府県労働局、労働基準監督署に配置されます。

参考書籍

  • 最近5か年自衛官採用試験問題解答集〈3〉航空学生―平成19~23年実施問題収録 (自衛官採用試験問題解答集 3)
  • 翔べ海上自衛隊航空学生―パイロット人生38年の航跡 (光人社NF文庫)