資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

労働基準監督官の基礎知識

労働基準監督官とは?

労働基準監督官とは労働関係法令の基づいて事業場等に立ち入り調査などを行い、法令の遵守を進めるとともに、労働条件の向上を図る厚生労働省の職員です。
厚生労働省に配置されるほか、都道府県労働局、労働基準監督署に配置されます。

仕事について

労働基準監督官のメリットは、厚生労働省のなかで昇級に有利になることです。都道府県労働局長と労働基準監督署長等のポストに就任するには法令上で、労働基準監督官であることが要件となっています。ですからこのポストに就任するためにはこの資格をとっておく必要があるのです。またごく普通の労働基準監督署に採用されるためにもこの資格が必要です。公務員という身分資格を得られるので、社会情勢の変化に影響を受けないで、一生安定した職業として生活することができるのはメリットです。また一度採用されてしまえば、定年を迎えるまで安泰で定年後は関連の機関へ天下りすることもできます。家族は厚生労働省の社宅や公務員宿舎をりようできます。

年収について

労働基準監督官は国家公務員にあたるので平均年収は660万円と言われています。東京都特別区内の初任給をみれば205202円です。その他にボーナス、扶養手当、住居手当などが支給されます。年金は共済年金で退職後も手厚い年金が出ます。公務員ですので有給休暇は比較的取り易いでしょう。労働基準監督官は安定した収入面に加え、全国で5000万人以上の労働者の安全と権利を守ることが業務ですので、とてもやりがいのある仕事です。不況時には労働者の不当解雇や賃金未払いなどのトラブルが多いので、仕事はハードな面も否めませんが、社会正義の名の下に不正を暴き、糾弾できる位置にあるので、労働者の権利の低い日本では労働弱者の権利回復の為に尽くすことができる職業です。

難易度と試験対策

労働基準監督官は年齢制限があり21歳から30歳未満の者と定められています。20代のときにしか取得できない資格なため大学中に勉強して取得できてしまうと良い資格です。試験対策は1次と2次試験がそれぞれあり6月と7月に行われます。労働基準監督AとBに分かれており法文系と理工系の試験があります。法文系では公務員としての基礎問題も出るため公務員試験の本もよく見ておくと良いです。法律に関して労働基準法に関しては当然のこと他にも憲法や民法、刑法や行政法など多岐に渡って法律問題が出るため六法全集は手元に置いておき法令が出てきたときに参考にするようにします。2次試験は対人能力の面接があったり身体検査もありますから日ごろからの人間関係、健康管理が大切です。

問い合わせ
厚生労働省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

刑務官

刑務官とは法務省の事務官で、刑事施設において収容されている者の処遇を担当したり、刑罰の執行を担当したりします。 職務は、刑務所において収容されている者の矯正教育などによる社会復帰の援助、拘置所においては被疑者等の逃走防止、証拠隠滅の防止を行います。

航空管制官

航空管制官とは国土交通省に所属する国家公務員です。空港で航空機に離発着の指示を与え、管制業務を行います。航空管制官採用試験を受験し合格すると採用されます。平成24年度の実績では合格者数は受験者の5.5%です。採用後、航空保安大学校で1年間の基礎研修を受け、更に空港等で実地訓練を受けて経験を積みます。

国家公務員1種

公務員試験は、公務員として任用されるのに適格と認められる候補者を選抜するために、国や地方公共団体によって実施される就職試験である。ごくまれに資格試験と混同されるが、それは誤りである。試験の内容は、職種の別によって様々な種類があるが、一般に筆記試験と面接等の人物試験からなる。なお、独立行政法人や国立大学法人等の職員採用試験や、国や地方公共団体の外郭団体であ...

参考書籍

  • 労働基準監督官の仕事がわかる本 (公務員の仕事シリーズ)
  • 2014年度採用版 過去5年本試験問題集 労働基準監督官A (公務員試験)
  • 公務員試験 最新過去5年本試験問題集 労働基準監督官A