資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ボイラー整備士の基礎知識

ボイラー整備士とは?

ボイラー整備士とは、国家資格であり労働安全衛生法で定められている資格です。ビルなど冷暖房の設備が必要な建物にあるボイラーを点検や清掃して異常が見つかった場合は、部品の交換などを行うため資格の取得には実務経験が必要です。

仕事について

実務経験や職業訓練がなければ免許交付の申請をすることはできませんが、試験自体には受験資格がないので誰にでも受けることができ、技術職として手に職をつけることができるのは大きなメリットです。他にも特級、一級、二級のボイラー技師やボイラー溶接師の資格も存在し、それぞれに許されている仕事の範疇が違うため、その境界に関係なく様々な技術を身につけたい人は、これらの資格をすべて取得しておくに越したことはありません。今でこそスーツを着たサラリーマンが一般的な世の中ですが、戦後日本を支えてきたのは間違いなく工業技術の力であり、そんな誇りを持って働けるのは素晴らしいことです。

年収について

仕事の中には、危険を伴いますので非常に大きなお金を得ることが出来る仕事があります。そのような仕事は、基本的には給料がとても良いので、稼ぎたいと考えていらっしゃる方は、しっかりと安全を確認するようにして、このような仕事に就く必要があります。ボイラー整備士も、危険はあるのですが非常に稼げる仕事として有名です。具体的な収入としては、年収で430万円前後が多くなっています。月収にしてみますと、およそ30万円ほどですので、通常のサラリーマンの年収よりも高くなっています。収入をアップさせるためには、現場の数を多くするようにしておけば、アップさせることが出来ます。現場は、ホテルや工場や病院や学校となっています。

難易度と試験対策

ボイラー整備士はボイラーの圧力容器などの整備を行う資格です。試験対策として受験は誰でも受けることができます。試験は年に3回あり2月、6月、10月です。安全衛星技術試験協会が行ってします。試験対策としてはボイラーの第一種圧力容器に関する知識や整備に関する機材について幅広く問題が出ます。ボイラーの関係法令も出ますから法律はきちんと学んでおくようにします。試験は問題集をよくやっておくことで暗記をしながら何度も復習するようにします。合格率が60%以上ありますからひととおりテキストに目を通して試験問題集で何度かやるようにして苦手なところを重点的に覚えるようにしながら解説をよく読んで理解できれば取得できる資格です。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

乾燥設備作業主任者

乾燥設備作業主任者とは、労働安全衛生法で規定された作業主任者のひとつです。また乾燥設備作業主任者技能講習を無事に修了した者の中から、事業者により選任されることもできます。つまり試験に合格するか、職場で一定の条件をみたして認定されるかのどちらかです。設備がある職場には必ず必要なので資格手当がつきます。

玉掛技能講習

玉掛技能講習とは、建設現場等でクレーン作業を行う際に従事する者があらかじめ受講を必要とされる講習です。クレーンを使用する場合は別途クレーン等運転の資格と必要。鉄筋工や鳶などが玉掛技能講習を受講し玉掛作業に従事しています。

クレーン運転士

クレーン運転士というのは、荷重が5t以上のクレーンを操作するために必要とされる資格をいいます。 クレーン運転士の資格については、厚生労働省によって管轄されている国家試験に合格できれば、取得可能となります。 試験については学科試験と実技試験の二つがあり、実技試験については教育機関で実施される実技講習を修了していれば免除されています。

参考書籍

  • ボイラー整備士 過去問題・解答解説集 2013年4月版
  • ボイラ整備士試験問題解答集
  • やさしいボイラーの教科書