資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ガス溶接作業主任者の基礎知識

ガス溶接作業主任者とは?

ガス溶接作業主任者とは、ガス溶接技能者の上位となる国家資格です。
アセチレン溶接装置、あるいはガス集合溶接装置を使って金属の溶接・溶断・加熱作業を行っていく場合には、ガス溶接作業主任者の免許をもっている者のなかから、溶接作業主任者を選任することが定められいます。
ガス溶接作業主任者は作業の前に、作業全般における責任者として安全確認・監督を行い、作業方法の決定や指導にもあたります。

仕事について

ガス溶接作業主任者の主な仕事は、作業全般における責任者として安全確認の監督を行い、作業方法の方針を決めます。
【就職先】
ガス溶接作業主任者の主な就職先というと、鉄工所などの建設系の企業になります。求人も多いので、収入も安定しており、就職・転職もしやすい環境下にあります。
というのも、ガス溶接作業主任者は事業所には必ず設置する義務があるため、需要は常に見込めるといえます。
【趣味活用】
たとえば、趣味で建てる家や芸術作品の製作など、趣味に活用できるでしょう。通常、資格をもっていない人は、危険業務として定めらているため、技能講習を受けなければできないところ、このガス溶接作業主任者の資格をもっていれば、すぐにでも趣味を楽しむことができます。

年収について

【ガス溶接作業主任者の年収】
ガス溶接作業主任者として、現場監督に従事するようになれば、年収は約500万円前後ほどとなっています。危険を伴う作業のため、収入面でも待遇は良いようです。
【ガス溶接作業主任者で収入を得るには】
ガス溶接作業主任者として仕事をするにあたり、就職する先は、「建設関係」や「鉄工所関係」といったところに就職することで収入を得ることができます。
建築現場をはじめとし、ガス溶接作業主任者の設置は義務付けられていることですし、作業現場にとって必要不可欠な人材でもあります。溶接の技術は幅広い分野で活躍が期待されていることから、今後もガス溶接作業主任者の将来性は、変わりなく安定しているといえます。

難易度と試験対策

ガス溶接作業主任者は国家資格となります。受験資格はとくになく、誰でも受験ができます。ただし、本人確認証明書の添付が必要です。
試験合格後、免許申請の際に、実務経験を証明する書類の添付が必要とされています。
【難易度】
難易度としては、各年度すべて80%前後の高い合格率となっています。
【試験科目】
・ガス溶接等の業務に関する知識
・関係法令
・アセチレン溶接装置及びガス集合溶接装置に関する知識
・アセチレンその他可燃性ガス、カーバイド及び酸素に関する知識
【免除される条件の一例】
学校教育法による大学・短大・高校で溶接に関する学科を専攻して卒業している者、大学評価・学位授与機構によって学士の学位を授与された者、専修学校の専門課程(2年以上・1700時間以上)の修了者、構造物鉄鉱科または配管科の職種にかかわる職業訓練指導員免許を受けた者などとなっています。免除される条件にはこれのほかにもありますので、調べてみるといいでしょう。
【試験問題例と試験対策】
試験問題集やテキストは、産業出版株式会社、中央労働災害防止協会、TAKARA lisenceなどから出ている過去問題集やテキストがいいようです。
また過去問題だけでしたら、無料でダウンロードできるサイトができるので、無料で過去問題の演習ができます。
合格率は高めですから、しっかりと過去問題を解き、法令を覚えておくことで合格への道も近くなることでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ISO9001審査員

ISO9001審査員とは、別名品質マネジメントシステム審査員と呼ばれます。その資格の運営は財団法人日本規格協会が担っており、試験の合格者は年間10000人を超えるといわれています。その仕事は名前の通りISOが定める規格に基づき商品の品質を審査するというものです。

ISO14001内部監査員

ISO14001内部監査員とは、企業で製品化されたISO10441が、ISOの定めている審査基準に適合にしているかどうかを内部監査する監査員です。この内部監査はISOの本審査前の模擬的な監査です。企業内部での品質をチェックするための大切な業務を任されます。

ガンマ線透過写真撮影作業主任者

ガンマ線照射装置を用いて行う透過写真の撮影の作業については、ガンマ線による障害の防止の直接責任者としてガンマ線透過写真撮影作業主任者免許を受けた者のうちから、管理区域ごとにガンマ線透過写真撮影作業主任者を選任することが必要です。 ガンマ線透過写真撮影作業主任者は、ガンマ線による障害防止の措置の職務に携わります。

参考書籍

  • ガス溶接作業主任者テキスト
  • ガス溶接作業主任者 過去問題・解答解説集 2013年4月版
  • ガス溶接作業主任者テキスト