国家資格なので職場によっては重宝されます。">

資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者の基礎知識

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは?

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは、労働安全衛生法に定められた作業主任者のことで酸素欠乏危険作業主任者技能講習か酸素欠乏硫化水素危険作業主任者技能講習を修了した人のなかから事業者が選任します。span class="yellow">国家資格なので職場によっては重宝されます。

仕事について

酸素欠乏危険作業主任者のメリットは非常に多く酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者、酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは酸素欠乏や硫化水素危険作業主任者技能の講習を終了した者が専任されます。労働安全衛生法に定められた酸素欠乏症や硫化水素中毒にかかる危険の高い作業を行うときの中毒から欠乏まで応急級手当など。酸素欠乏危険作業の主任者を選ぶ必要があります。技能講習は作業主任者になるために必要となる資格で、受講資格に制限はありません。学科は酸素欠乏症の緊急蘇生法から発生原因や防止措置のし式から関係法令までで、様々な知識を身に付ける事ができ、様々な知識が付き、生涯役に立つというメリットがあります。

年収について

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者という資格は、トンネル掘削などの土木工事現場や下水道工事現場などで作業員の酸素欠乏による事故を防ぐための作業方法の指導や換気装置の点検などの仕事を行うために必要とされるものです。この酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者という資格は、厚生労働省管轄の国家資格として与えられるものです。受験資格は18歳以上で、3日ほどの技能講習の受講と修了試験に合格するとこの資格をとることができます。この資格をとると、トンネル掘毛や、下水道管理業、ケーブル埋設工事などの現場で高いニーズを得られます。収入は年400万円~600万円のあいだというのが平均であり、勤めている建設会社にもより、勤務年数による差もあります。

難易度と試験対策

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は酸素が薄くなりやすいマンホールの中やトンネルなどで硫化水素の濃度を測定したり作業員の安全を確保するために必要な資格です。受験資格は誰でもできます。講習と修了試験合格すれば取得できますから特に試験対策というのはないですが講習はしっかりメモを取るようにします。講習内容として大きくわけて酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者と酸素欠乏危険作業主任者と酸素欠乏・硫化水素特例というのと3つあり学科と実技がそれぞれあります。酸素欠乏や硫化水素による中毒に関することを中心に学んでいき関係法令もありますから労働基準法についてしっかり理解しておくようにします。作業員の安全を守る資格ですから現場で未然の事故防止をするのが大きなポイントです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

酸素欠乏危険作業主任者

酸素欠乏危険作業主任者とは、労働安全衛生法でさだめられている国家資格です。酸素欠乏症などの恐れのある場所で作業を行うときに、中毒を防止して傷病者への応急手当などをするため、酸素欠乏危険作業主任者がえらばれます。

コンクリート橋架設等作業主任者

橋梁の上部構造であってコンクリート造のもの(その高さが5m以上又は支間が30m以上の部分のもの)の架設、又は変更の作業を行う場合は、都道府県労働局長の登録する機関で行う技術講習を修了した者の中から、コンクリート橋架設等作業主任者を選任してその者に作業に従事する労働者の指揮等を行わせなければならず、その、橋梁の架設作業などの安全確保に努める責任者であることを認...

衛生管理者

衛生管理者とは、労働環境の衛生的改善と事業場の衛生全般の管理を担当する資格です。常時50人以上の労働者が働く事業場では一定数以上の衛生管理者を選任する必要があるため、職種問わずニーズの高い資格となっています。

参考書籍

  • 新酸素欠乏危険作業主任者テキスト