資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

愛玩動物飼養管理士の基礎知識

愛玩動物飼養管理士とは?

愛玩動物飼養管理士とは動物の愛護及び管理に関する法律の趣旨に基づき愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うことのできる職業、資格である。日本愛玩動物協会の通信教育によって開催される試験に合格することで資格を得られます。

仕事について

愛玩動物飼養管理士はペットショップを運営する人が持つべき国家資格を目指して作られた資格なので、ペットのケアや飼育に関する法律を学び、知識として得られることが出来ます。元々は、お店で扱うペットの正しい管理を行うための知識や、ペットを飼う人に正しい飼育方法を伝えていく事を目的にしているため、ペットショップで働く上で役立つ資格となっています。近年ではペットショップの関係者だけではなく、一般の飼い主の方の取得割合も多くなりペットを飼う人のための資格になりつつもあります。ペットショップで扱う犬や猫はもちろん鳥類、小動物、両生類、昆虫と幅広いペット飼育の基本的な飼い方、しつけ方を学ぶことが出来るので、動物好きの方には、ペットの気持ちを理解する上で非常に役立つと思います。

年収について

愛玩動物飼養管理士が多く勤務する、一般的なペットショップ店員の平均年収は300万円程でありますが、当資格はペットショップ店員に必ずしも必要というわけはありません。しかし、地域によっては動物取扱責任者をペットショップごとに置くことが義務付けられているところもあり、愛玩動物飼養管理士がいるとそれが免除になる場合があるので資格取得により勤務評価が上がり会社によっては資格手当がついたり、昇進による給料の割り増しが期待できます。その他に動物病院や行政などで動物を扱う仕事につく場合も、勤務評価が上がり収入増が期待できます。ただし動物愛護団体などでこの資格を取り活動されている方はボランティアで活動されている場合が多いので、収入は期待できません。

難易度と試験対策

愛玩動物飼養管理士を受験するためには協会に資料請求する事がまずい必要です。資料請求は随時受け付けているので申し込みのタイミングによって今年度の教材か来年度の教材が送られてきます。ただし受験の申し込みは資料請求とは別なのでご注意ください。また受験前には、いくつかの日程から選べる講習会に1回参加する必要があります。その後課題が出されるので、それを提出することで受験が可能になります。課題は試験において重要なことが多く記載されているので、この課題に繰り替えし取り組む事で試験に必要な知識を身につけることが出来ます。もちろん協会より送られる教本も読むことは必須です。ただ、教本と課題の内容以上のことは出題されないので、まじめに勉強を行えば、取得できる資格となっています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

アニマル・ヘルス・テクニシャン

動物医療における看護師の資格。病気やケガをした動物の看護にあたるための知識と技術をもっていることを証明します。 本協会は1970年代アメリカの大学で次々新設されていた「AHT養成コース」を日本で始めて導入。いち早くライセンス制度を確立し、AHTという職種を社会的に認知されるまでに育て上げました。

JKC トリマー

トリマーとは、ペットの美容師のことで、ペットのシャンプーやブラッシング、カッティング、耳掃除などを行います。 トリマーになるためには資格認定が認定ですが、そのうち最も有名なものがJKC公認の認定試験となっています。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー

コンパニオン・ドッグ・トレーナーとは コンパニオン・ドッグ・トレーナーとは、家庭犬をしつけたり、 飼い主へ訓練の方法をアドバイスすることができる資格です。 犬の扱う現場では、知名度が高く取得することで、 ペット関連の仕事に就職するときに有利になります。 コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格を取得するには、 ヤマザキ動物看護短期大学、もしくはヤマザキ動物専門...