資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

食品衛生管理者の基礎知識

食品衛生管理者とは?

食品衛生管理者とは食品衛生法の規定により食品の加工や製造の業種に配置が義務付けられた国家資格です。
資格者は医師などのほか、大学等において医学等を修了して卒業した者、厚生労働大臣が指定する養成施設の課程を修了した者とされています。

仕事について

食品を扱う仕事は、消費者に安全な食品を提供する大切な仕事です。万が一のトラブルによって、消費者にもしものことがあっては大変な事態になってしまいします。それを防止するため、食品衛生管理者は、食品衛生法48条・食品衛生施行令第13条に基づいて定められた項目の元で、食品を製造加工する段階で、生成上の考慮を必要とする食品の衛生管理を行う業務に3年以上勤めた方が取得できる資格です。資格を取得するには、厚生労働大臣が認可した講習会を修了することで、食品衛生管理者の資格が取得できます。この資格のメリットは、転職の際に食品に関連した企業への就職が有利になったり、就職した際、職務手当てが付く可能性があるので、基本給が高くなる可能性があることです。

年収について

収入は飲食店の規模などにもよりますが、オーナーの平均で560万円です。食品生成管理者の資格は、授業を受講するだけで取れるというものです。試験もありますが、テキストを見ながらできるので落ちることはほぼありません。でも飲食店を開きたい人にとってはとても大切な資格ですのでしっかりと学ぶことがとても大切です。衛生管理や食中毒につてい勉強していないと予防もしっかりできません。

難易度と試験対策

医師、薬剤師、獣医師または医学・歯学・獣医学・畜産学・水産学・農芸化学の課程を修めた卒業者は食品衛生管理者になることができます。
高等学校卒業相当の方は、資格認定講習会のを修了することと、指定の衛生業務の3年以上の実務経験が必要です。
厚生労働大臣の登録を受けた講習会が対象業種ごとに、開催しようとする者の申請後に実地されます。
講習会は35日程度開催され、一般共通科目と専門科目とあります。受講費用は約30万円で、教材やテキスト代も含みます。
講習会の修了者に修了証明書が発行されます。全講習の90%以上を出席すること、各科目ごとの講習を50パーセント以上出席することが試験対策になります。
受験者数・合格者数とも非公開とされています。

問い合わせ
厚生労働省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

きき酒師

「きき酒師」は、酒屋や料亭・レストランなどで、飲み手の希望に合った日本酒とその楽しみ方を提供するプロのことです。 きき酒師になるには、日本酒サービス協会・酒匠研究会連合会の主催する「きき酒師」認定に合格する必要があります。

調理師

調理師とは、調理師法に基づいて都道府県知事の実施する試験に合格し調理師免許が発行され、都道府県備え付けの調理師名簿に登録される事で発効される資格をいいます。名称独占資格であり、調理師だから飲食店の開業が可能となるものではありません。

食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、社団法人食品衛生協会が運営する資格で、飲食店、喫茶店などの調理営業や、乳類、魚介類、食肉などの販売業等に必要な資格です。一日6時間の講習を受ければ即日取得できるため、飲食店に従事する多くの人が保有しています。

参考書籍

  • 食品衛生学 第三版
  • 食品衛生の基本!! 調理施設の衛生管理
  • 食品衛生べからず集―食品工場必携