資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

運航管理者の基礎知識

運航管理者とは?

運航管理者とは、航空においては、国土交通大臣の行う運航管理者技能検定に合格した者を指し、船舶においては、地方運輸局長に認定された者のことを指します。気象条件などから、飛行機や船舶の運航管理を行います。

仕事について

運航管理者とは、ディスパッチャーとも呼ばれ、航空機が安全な運航を行えるように、乗組員たちに管理者の立場として適切な情報を提供し、必要な指示を行う役割を担います。気象情報などのデータを元に最善の飛行ルートを作成するなど重要な責務があります。航空法によれば、航空会社には必ずこの運航管理者を配置することが義務付けられています。実際に航空会社で運航管理者として働くためには、社内の研修や補助要員として実務経験を積んだ後、運航管理者技能検定の国家試験を受験することになります。運航管理者は、航行中の航空機と交信する義務があるので、別途航空無線通信士の資格取得も必要になってきます。この運航管理者は機長と同等の権限を持つため、とてもやりがいのある仕事です。

年収について

運航管理者の年収は勤務先によって異なりますが、実例として300万~500万円というものがあります。運輸業の平均年収は670万円であることからして、実務経験を積み、勤続年数を重ねれば高収入も可能であることが分かります。運航管理者技能検定試験を受験するためには、航空運送業務の実務経験があることが必須条件となるため、実務をこなしながら資格取得に臨むのが通例となっています。資格取得後、正式に運航管理者として従事できるようになれば、年収アップが望める場合もあるでしょう。非常に高度な専門知識が求められ、責任重大な職務であるために、一度運航管理者の資格を取得してしまえば、一生涯従事できる職業になるでしょう。また、飛行機の安全な運航は常に求められることから、将来的にニーズが失われることはないでしょう。

難易度と試験対策

運航管理者は、航空と船舶に分かれますが、船舶は無試験となるので、試験があるのは航空だけとなります。航空の運航管理者の試験には、学科試験と実技試験があります。そもそも運航管理者に求められる知識は幅広く、飛行機の運航に影響を及ぼす機体についてや、天候などの気象予報や天気図についての内容が試験で問われることになります。実務経験が必要であることからも、実務をこなしながらの試験勉強になるでしょう。実地試験では、天気図読解や悪天候下での航空機の航行の援助などを行うので、普段の実務における練習がものをいいそうです。この運航管理者は国土交通省によって養成施設が指定されており、その施設に通うことで試験そのものや、試験の一部が免除されることもあるようです。

問い合わせ
国土交通省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

海事従事者

海技従事者は海技士の免許(海技免状)や小型船舶操縦士の免許(小型船舶操縦免許証)を保有する者。国家試験による海技従事者の免許である海技従事者免許は、2種類に大別される。 20トン以上の大型船舶を操縦するのに必要な海技士の免許 20トン未満の小型船舶を操縦する小型船舶操縦士の免許 この両者は種類が違うので免許証の様式も異なる(海技免状、小型船舶操縦免許証)。

航空機関士

航空機関士とは、航空機に搭乗し、機体の管理、故障の発見、応急整備などを行う航空従事者です。操縦士の陰に隠れていますが、コックピットで、複雑な機体のシステムを正常に作動させる仕事です。 燃料システム・電気システム・ 油圧システム・ 航法システム・空調与圧システム・ 離着陸システム・防除氷システム・高圧空気システム・消火システム・等々 これらの膨大なシステムを...

航空従事者

航空従事者とは、日本の航空法で定められている国家資格で、航空業務を行う際には必須の資格です。その具体的な資格としては、操縦士(パイロット)、航空整備士、航空工場整備士、航空機関士(フライトエンジニア)、航空通信士、航空士が存在します。

参考書籍

  • いちばんわかりやすい!運行管理者合格テキスト 貨物
  • 新版 運行管理者試験<貨物>完全合格テキスト&問題集
  • 図解でわかる飛行機のすべて