資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

パソコン整備士の基礎知識

パソコン整備士とは?

パソコン整備士とは、パソコンの整備や管理を専門とする資格で、パソコンを使用する職場においては非常に重宝される資格です。パソコンのトラブル対応やセキュリティ・情報倫理などのスペシャリストとして活躍することができます。

仕事について

パソコン整備士の活躍の場としては、あらゆる企業が想定できます。どの企業も情報セキュリティについては守られるべき事項ですが、いざウイルスに感染してしまった際は、すぐにパソコンに対して対処できる人材が必要不可欠です。そんなときに重宝されるのがこのパソコン整備士です。また、このようなトラブル解消への対応だけでなく、故障診断や顧客対応なども仕事に入ります。職場は、パソコン関連企業をはじめとして、パソコンショップ店員やスクール講師などパソコンを身近にある場所が主になるでしょう。また、サーバやセキュリティに関する知識も問われる仕事です。公式サイトに掲載されているパソコン整備士の活躍の場は次の通りです。メンテナンス要員では、関連企業のメンテナンス要員やパソコンショップのサービス要員、パソコンショールームアドバイザー、パソコンリサイクルにおけるデータ消去技術者などです。また、パソコン関連企業のユーザーサポート要員、さらにインストラクター要員としては、パソコンスクール講師や宮内庁・地方自治体のパソコンアドバイザー、そして小・中・高での情報教育担当者がその職種となります。

年収について

パソコン整備士の資格取得者は、主にパソコンメンテナンス要員として活躍することになりますが、実際の月収例としては、テクニカルサービス系企業の正社員で13万~30万円、有名大学でのヘルプデスク保守要員で25万円前後というデータがあります。また未だに増え続けているリサイクルショップやリサイクル関連業種に従事する人などが取得するケースも多いです。このメンテナンス要員やパソコンリサイクル関連事業における需要は決して減ることはないと言えるでしょう。また、パソコンを業務で使用するどんな職場においても、パソコンのトラブル時にすばやく対応することができるスキルは役立ちます。このことから、どの職種にとっても有効であり、企業でそれほど目立って高く評価されるというわけではない資格とは言われていますが、実際には大いに役立つ資格であると言えます。

難易度と試験対策

パソコン整備士の試験対策となる参考書としては、パソコン整備士協会に公式テキストとして用意されているものを使用することができます。公式テキストには、2級試験練習問題集と、3級試験練習問題集があります。1級についても、各PCスクールや通信講座などがあるので利用するのも良いでしょう。各級の試験内容は次の通りです。3級は個人利用でパソコンのトラブルの原因が把握できる知識、最低限必要とされる情報倫理(ネチケット)の修得が求められます。2級は家庭での利用で、数台のパソコンをインターネットに接続する知識と技術、情報倫理関連法規に関する基本的な知識が問われます。1級では企業内LANの構築・導入・管理およびトラブル対応知識と技術・情報倫理規定を理解し、情報セキュリティ技術を修得することになります。よって、それぞれのレベルに応じた試験対策が必要となるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

上級情報処理士

上級情報処理士は、全国大学実務教育協会が認定するビジネスの現場で必要とされる情報処理能力を証明する資格です。特定の試験に合格することで取得する資格ではなく、指定の大学や短期大学で必修科目と選択科目を40単位以上履修することで取得できる資格です。

コンピュータサービス技能評価試験

コンピュータサービス技能評価試験は、コンピュータ操作に従事する人々の社会的、経済的地位の向上を図ることを目的として、中央職業能力開発協会と各都道府県職業能力開発協会によって、1983年から実施されているコンピュータの操作能力を評価する公的資格です。

パーソナルコンピュータ利用技術認定試験

パーソナルコンピュータ利用技術認定試験とは、インターネットやパソコンに関する知識と技術を認定する(社)パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会主催の資格です。 試験は初心者対象の3級から、アプリケーション開発者やシステムインテグレーターに相当する1級までの4段階に分かれています。3級と2級は毎年7月と12月、準1級は12月、1級は隔年で12月に実施されています。