資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

会員登録はコチラ

ログインはコチラ▼

close

パスワードを忘れた場合はコチラ

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ファイリング・デザイナー検定の基礎知識

ファイリング・デザイナー検定とは?

オフィスの文書、電子情報などオフィスの情報を一元管理し、効率的にファイリングし廃棄まで、運用管理する知識を認定する資格です。ライフサイクル全般を適切に管理する人材を育成する目的で毎年2回実施されています。
1級~3級まであり、文書や電子情報をファイリングし、運用・管理およびトータル・ファイリングシステムの導入・指導などを行います。

問い合わせ
日本経営協会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

文書情報管理士

文書情報管理士とは、社団法人日本 情報マネジメント協会JIIMAが認定する資格試験で、2001年から始まって間もないまだ新しい資格です。ビジネス文書、帳票などをコンピュータ画面で見られるようスキャンしたり、マイクロフィルムに撮影したりするための技術を取得する文書管理のエキスパートです。

電子化ファイリング検定

イメージファイルやHTMLで記述されたWEB情報、XML、PDFなど多様な形態による膨大な電子データのライフサイクル管理などのスキルを認定する資格です。 単一の資格としては電子情報をファイリングし、運用・管理および多様な形態による膨大な電子データのライフサイクル管理などを行います。

日本語文書処理技能検定

日本語文書処理技能検定試験は平成17年度(平成18年3月末)をもって終了いたしました。

参考書籍

  • 基礎から学ぶトータル・ファイリングシステム「ファイリングデザイナー2級テキスト」
  • 仕事に役立つ情報活用入門「ファイリングデザイナー3級テキスト」
  • 組織に活かすトータル・ファイリングシステム「ファイリングデザイナー1級テキスト」