資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

レタリング技能検定の基礎知識

レタリング技能検定とは?

レタリング技能検定とは、書体デザイン、レタリングの知識と技能を認定する検定試験です。
難易度は1級普通。2級やや易しい。3級、4級やさしい。合格率は1級は5%、2級は35%、3級は60%、4級は78%ほど。広告や印刷物用に活字書体を書き直したり、文字全体のデザイン、印刷文字の書体作成などに使われます。

仕事について

出版社、広告会社、デザイン会社など。レタリングへの需要は根強く、ポスター、商品のロゴの作成など活動範囲は広く、実績を積めば無資格でも独立も可能ですが、実力の証明のために2級以上を取得しておいたほうがいいでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

ヤマハ音楽能力検定

ヤマハグレードは、音楽を指導する人や音楽を学ぶ人が、自分の力を確かめながら、総合的な音楽力を身につけ、そして音楽を自ら創り表現し楽しむことを目指し制定されました。 6級以下の学習者のためのグレードは、音楽を学んでいる人や趣味で楽しんでいる人が対象で、学習の成果の確認を段階的に行い、次の目標への意欲を高めながらレベルアップしていく内容となっています。 また...

音楽技能検定

財団法人 音楽文化創造が行うこの音楽検定制度は、幅広く音楽を愛好している皆様が自分の音楽的な感性や、音楽能力、音楽知識等について一定の基準に基づいた評価を受け、学習の指針として活用していただけることを願って実施されるもの。

歴史能力検定

歴史能力検定とは歴史能力検定協会が実施している検定試験です。1級から5級まであり、3級以上は日本史と世界史に分かれます。歴史に対する知識を深めることによって現代における判断力を深める目的があり、2級以上の合格者には高卒程度認定試験や通訳ガイド試験の受験科目一部免除などの特典があります。