資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

レタリング技能検定の基礎知識

レタリング技能検定とは?

レタリング技能検定とは、書体デザイン、レタリングの知識と技能を認定する検定試験です。
難易度は1級普通。2級やや易しい。3級、4級やさしい。合格率は1級は5%、2級は35%、3級は60%、4級は78%ほど。広告や印刷物用に活字書体を書き直したり、文字全体のデザイン、印刷文字の書体作成などに使われます。

仕事について

出版社、広告会社、デザイン会社など。レタリングへの需要は根強く、ポスター、商品のロゴの作成など活動範囲は広く、実績を積めば無資格でも独立も可能ですが、実力の証明のために2級以上を取得しておいたほうがいいでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

日本語文章能力検定

日本語文章能力検定は日本語文章能力検定協会が実施する文章に関する検定です。試験では内容把握能力・構成能力・表現能力・作成能力の4つの能力を判定される。 公開会場(個人受検)としては日本漢字能力検定協会の実施する日本漢字能力検定と共に年3回実施される。 平成21年度より下記の通り休止されているが、再開の予定は立っていません。

日本常識力検定

日本常識力検定とは、日本人としての「常識」、人との相互理解を円滑に行っていくためにも基本的なものだと定めて、共通認識に基づく知識・表現方法をなど、受験者の「常識の力」を診断する検定です。そしてそのレベルを認定できる検定試験となっています。

エスペラント検定

エスペラント語は1887年、中立公平で学びやすい国際共通語として考案された言語である。日本エスペラント学会は、日本でエスペラント語を学ぶ人が、自分のエスペラント語力を把握できるように、エスペラント学力検定試験を実施している。レベルはエスペラント検定1級~4級まである。