資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

DIYアドバイザーの基礎知識

DIYアドバイザーとは?

DIYアドバイザー資格認定は、日本DIY協会がDIYアドバイザーの審査のうえ合格者の資格保有許可を認定し、その登録後にDIYアドバイザー認定証が交付されます。
住居の手入れや補修、改善などを工務店などのプロに頼らず、自分の手で行なっていくことで、さらなる快適空間を生活のなかで創造していきたいと希望する人を対象とし、DIYに関する指導や相談に携わる役割をもっています。

仕事について

 【有利となる職業】
DIYアドバイザーの資格があることで有利になる業界としては、DIYに使用する用具・用品・材料を製造するメーカーの商品開発部門や営業部門が考えられます。
その他、カルチャースクールの講師の道もあります。実益と節約と趣味をかねてDIYを勉強したいという方も多く、講師の需要もあるようです。ホームセンターなどの小売業の販売店員がもっとも有力です。ホームセンター関連の就職はDIYアドバイザーがあれば、就職率は有利になります。
【仕事内容】
・DIYに使用する用具・用品・材料を製造するメーカーの商品開発部門や営業部門での活躍。
・カルチャースクールなどでの講師と。
・ホームセンターなどでの用具や材料などのアドバイス。

年収について

 【DIYアドバイザーの年収】
DIYアドバイザーの平均年収といっても、その資格だけで独立することは難しい傾向にあります。多くはホームセンター、DIY用品のメーカーなどの企業に就職していくことが多いようです。
実際、ホームセンターに就職したDIYアドバイザーの方の年収は330万円前後というデーターが出ています。しかしながら、就職する先によっては、年収にずいぶん違いがあり、大手ホームセンター平均年収は420~430万円前後ということで、ここ最近では安定して420万円以上を保持しています。
【DIYアドバイザーで収入を得るには】
DIYアドバイザーとして就職率が最もよいのは、前述もしましたがホームセンターです。お客様からの様々な質問に的確に、そして状況に合ったアドバイスや商品の推奨ができる店員は、企業にとっても顧客にとっても重宝な存在といえます。

難易度と試験対策


DIYアドバイザー受験資格は、受験しようとする年の4月1日に満18歳以上であることが定められ、一次試験と二次試験がおこなわれています。
 【一次試験】
学科試験が筆記式により実施されます。出題範囲は次のようになっています。
・住宅および住宅設備機器に関する基礎知識
・DIY用品に関する知識
・DIYの方法に関する知識
・DIYの関連法規に関する知識
・その他 DIYに関する基礎知識
 【二次試験】
・DIYに関する実技の能力
・DIYの相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導、助言をおこなう能力
これらに関して実技と面接があります。
 【難易度】
一次試験の合格率は45.4%で、二次試験の合格率は61.6%となっていました。
難易度は比較的易しいです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

小学校教諭

小学校教諭とは、小学生に授業を教える際に必要になってくる資格をもっている人のことです。全国で数万人が、この資格を取って、日々、小学生たちに対して授業を行っています。運営もとは国なので小学校教諭は公務員です。

特別支援学校教諭

特別支援学校教諭とは、特別支援学校において障害のある生徒に対し教育を行うことのできる教員資格です。 また、特別支援学校教諭になるには、小学校、中学校、高校または幼稚園の教員免許の他に特別支援学校教員の免許を取ることが原則として必要です。

教諭・養護教諭

養護教諭は通例、保健室等に常駐し、学校内における在学生の怪我・疾病等の応急処置を行ったり、健康診断・健康観察等を通して、在学生の心身の健康を掌る学校職員。応急処置を施した際は、医療機関受診の必要の有無の判断を行う。 また、「保健主事」に充てられ、学校における保健に関する事項の管理にあたることが多く、保健主事としては、健康診断、水質検査・照度検査・空気検査...

参考書籍

  • 家電製品アドバイザー資格試験全問題&解答集―過去問・06年9月~07年3月試験全4回分
  • DIY工具50の極意