資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

建築設備士の基礎知識

建築設備士とは?

建築設備士とはなにかですが、建築士の要望に対して建築設備の設計や工事を管理する事をアドバイスするのを生業とする国家資格の事を指します。4年の実務経験があると一級建築士の試験の受験資格を得る事ができます。

仕事について

建築設備士のメリットは、最高ランクの難易度を誇る資格です。簡単には合格できないので、まず希少性があるためいろいろなメリットがあります。
建設業界の各分野の仕事に対する影響力も強いので、仕事にたいする責任と権限も増えるのですが、その分やり甲斐もましていきます。ある建物を建設するときに、そのspan class="yellow">建物の空調設備や給排水設備や電気・ガスの設備を設計したり、監理したりすることもできるのであちこちの業界とのパイプもできてくるので、転職にも強い味方になります。そうして作った人脈があれば建築設備士として事務所を構えて、独立することも可能です。業界内のつながりさえ確保してしまえば、仕事をまわしてもらえるので小規模の事務所でも結構儲かります。

年収について

建築設備士となるには、資格を得るために、何年かの実務経験を経てから出ないと、受験ができないことになってます。ですから、苦労して得たこの資格で収入はどれくらいもらえるのか知りたいところです。500万円から800万円程と言われているので一家の主となっても十分と言えます。この資格を持つことによって活用の場が広がりさまざまな依頼が増えてくることも確かです。また、より上の段階の1級建築士等の試験においてこの資格があることで有利に働くことがあります。また建設コンサルタント業務に携わる際には1級建築士同等の評価を得ることが出来るので、この資格を上手に生かすことによって、より高い収入を得られる、建築業の仕事を得られることとなります。

難易度と試験対策

建築設備士とは、建築関係の仕事であり、その設備に関して専門の深い知識を持ったプロの集団のことであります。建築設備士になるためには、専門の知識が多く必要になってくるため、単に建築に興味があるからといった理由で試験を受けてみても、そうやすやすと合格できるものではありません。全国で、この資格を取得している人は数千人しかいない、ということから考えても合格することがいかに難しいかというのが分かるでしょう。この、難しいといわれている試験対策についてなのですが、本屋に行って、この試験専用の参考書を購入することが絶対に必要になってきます。自己流の勉強方法で努力しても効率が悪すぎるため、まずは参考書をしっかり読みましょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

コンクリート診断士

コンクリート診断士とは社会法人日本コンクリート工学協会が運営をしている資格です。コンクリートに関する知識が求められ、コンクリートが使われる建造物にひび割れや劣化がないかを調査し事故の予測をして異常があった場合、対策を行います

建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者とは、建築物の環境衛生上の管理を行う国家資格です。全国で大体65000人以上資格者がいます。その資格を得るためには、厚生労働大臣の指名をうけた日本建築衛生管理教育センターが運営する試験に合格する必要があります。

建築積算士

建築積算士とは、その資格を手にする過程で公益社団法人日本建築積算協会の実施する建築積算士試験に合格する必要があります。現在の日本国ではこの建築積算士試験に合格した建築積算資格者13000人を超える人数存在しています。サーベイヤーという特殊な分類職種の中で、建築の際の積算、つまり見積もりをします。 建築積算士は平成21年度より「建築...

参考書籍

  • 建築設備士学科問題解説集 平成25年度版
  • 第四版 建築設備士120講
  • 合格対策建築設備士試験 学科 建築一般知識・建築法規