資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

構造設計一級建築士の基礎知識

構造設計一級建築士とは?

構造設計一級建築士とは、一定規模以上の建築物の構造設計について自ら設計を行ったり、構造関係規定への適合性の確認を行う資格です。現在、耐震診断の見直しが建築業界全体で行われており、非常に需要の高い資格となっています。

仕事について

構造設計一級建築士の資格は、建築士法において一定規模以上の建築物の構造設計を行う際に必要となってくるものです。一定以上の建築物とは、地階を除く階数が4階以上の鉄骨造の建築物や、高さ20メートルを越える鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物、高さ13メートルまたは軒の高さ9メートルを超える木造建築物などを指します。こういった建築物を建造する場合には構造設計一級建築士の有資格者が自ら設計を行うか、または有資格者に構造設計の法律との適合性の確認を受けることが必要となるため、この資格を持っていればspan class="red">建設業界内でのキャリアアップや、建設関連会社への就職や転職に非常に有利になるというメリットがあります。

年収について

構造設計一級建築士の収入は年齢が50歳の場合で平均年収590万円です。一級建築士は一般的な住宅やビルなどの設計をする仕事と、建築基準法などで定められた耐震性などの構造を計算する構造設計一級建築士の二種類に大別できます。構造建築士としての仕事が早くなって、審査や計算方法を簡単にすることができれば、構造計算を依頼してくるクライアントが増えるので、収入も増やすことができます。とにかく審査を早くして、さらにできるだけ基準を緩くすることが重要なので、マンションなどの鉄筋コンクリート作りの構造計算は手早く済ませるほうが効果的です。また計算結果の審査を行う都道府県の行政担当者と懇意になっておくと審査の承認率が高くなります。

難易度と試験対策

一級建築士として5年以上の業務を行っている場合、構造設計一級建築士になる資格があります。そうでない方はまずは一級建築士としての業務を行いましょう。条件を満たしている方は試験を受けることが可能ですが、その内容について事前に知っておきましょう。試験の流れは二日間の講習と修了考査となっています。合格率は10%~20%と低い確率ですが、日常の仕事に関する理解度が深ければ問題ありません。実際の業務と深く関わる試験内容なので、長年この業界で働いている人は経験がそのまま試験対策にもなります。まだ経験の浅い方の試験対策には、セミナーや講習を利用しましょう。多くの団体が主催しており、構造設計一級建築士を目指す方の後押しをしています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

建築設備士

建築設備士とはなにかですが、建築士の要望に対して建築設備の設計や工事を管理する事をアドバイスするのを生業とする国家資格の事を指します。4年の実務経験があると一級建築士の試験の受験資格を得る事ができます。

コンクリート診断士

コンクリート診断士とは社会法人日本コンクリート工学協会が運営をしている資格です。コンクリートに関する知識が求められ、コンクリートが使われる建造物にひび割れや劣化がないかを調査し事故の予測をして異常があった場合、対策を行います

建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者とは、建築物の環境衛生上の管理を行う国家資格です。全国で大体65000人以上資格者がいます。その資格を得るためには、厚生労働大臣の指名をうけた日本建築衛生管理教育センターが運営する試験に合格する必要があります。

参考書籍

  • 一級建築士試験構造設計のツボ
  • 専門分野別 新しい建築士制度の解説―構造設計一級建築士/設備設計一級建築士制度の創設 (大成ブックス)
  • 鉄骨構造―構造特性と設計の基本を学ぶ (建築学テキスト)