資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

グレッグ公式英文速記検定試験の基礎知識

グレッグ公式英文速記検定試験とは?

速記を必要とする職業は多くありますが、秘書はその代表格といえます。なかでも外資系企業などの外人付秘書にとっては絶対に必要な技能で、速記をとる機会は大変多くなります。外資系秘書をめざす、あるいは外資系企業や国際機関など、速記を必要とするフィールドは多く、世界を舞台に活躍したい人ならぜひチャレンジしたい資格試験です。アメリカ大使館のかつての基準は80W/分で、このデータは外資系でもほぼ共通しており、プロと呼ばれるためには80Wはクリアしたいところです。一流の仲間入りをするには、100Wクラスになりたいところです。速記というのは日々の地道な努力によって上達するもので、いきなり高レベルに挑戦しても難しいといえます。まず最初は60Wに合格してから上をめざしましょう。秘書には多くのクラスがあり、低レベルの人だと、それこそ一般事務のような仕事しか与えられません。逆に役員付きのエグゼクティブ・セクレタリーになれば、一般企業の部長級以上の待遇を受けることも多くなります。

問い合わせ
GREGG外語専門学校

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

実用英語技能検定

実用英語技能検定とは、実はTOEICよりも英語力を示せるものです。TOEICは、試験の形になれることで良い点数を取れますが、この検定は違います。しかし、誰でも勉強すれば、取得できるもので、多くの人が取得しています。取得したい方は、日本英語検定協会に聞けば詳細が分かります。

工業英語能力検定

工業英語能力検定は、公益社団法人日本工業英語協会(Japan Society for Technical Communication、略称JSTC)が運営している日本における英語検定のひとつで、工業英検、文部科学省後援試験です。一般の英語検定(いわゆる英検やTOEIC等)と異なり、工業技術英語に特化した英語検定です。

TOEIC(R)テスト

TOEICテストは、英検やTOEFLと比べると、より実践的でビジネス志向です。 世界の約120ヶ国で実施され年間600万人が受験している、まさにグローバルスタンダードな試験といえます。 だからこそ、海外との取引が多い大手企業は新規採用の際にTOEICの点数を採用基準に用い、職場においても昇進・昇給の重要な判断基準としているのです。

参考書籍

  • 最新式グレッグ速記法