資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

HSK漢語水平考試(旧)の基礎知識

HSK漢語水平考試(旧)とは?

「旧HSK」とは1~2級(基礎)、3~8級(初中級)、9~11級(高級)を受験し、点数により自身のレベルを判定するもので、結果が合否ではありません。
2011年10月以降、上海では旧HSKの試験は終了しています。
「新HSK」はヨーロッパにおいて能力評価時に共通の基準となるCEF(Common European Framework of Reference for Languages)と合致するよう設計されており、試験は筆記試験と口述試験の2つがあります。筆記試験は 1~6級、口述試験は初級、中級、高級があり、口述試験は録音形式です。それぞれが独立した試験なので筆記試験のみ、または口述試験のみでの受験もできます(主催:中国国家漢語水平考試委員会)。
現在日本・上海では「新HSK」のみの受験になっています。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

スペイン語技能検定

スペイン語技能検定は、官公庁や企業の要望により設立されたスペイン語の能力を客観的に判断する検定試験です。初歩レベルの6級から会議通訳ができる1級までの6段階に分かれており、年に2回、春と秋に試験があります。 成績優秀者には、文部科学大臣賞、スペイン大使賞、日本技能検定連合会会長賞などの賞状と副賞が授与されます。

TEP TEST

TEP TESTとは、「早稲田大学 - ミシガン大学テクニカルライティング検定試験」のことで、早稲田・ミシガン大の学生でなくても受検することができます。 特に科学・技術分野における英語のリテラシーを評価する試験です。

中国語検定

中国語検定とは、中国語検定協会が主催している中国語の読み書きの能力を測るための検定試験です。この中国語検定に合格することにより、中国語の会話能力が証明できるので中国人との取引がある会社への転職などで有利になります。