資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

米国弁護士の基礎知識

米国弁護士とは?

米国弁護士とは、アメリカ合衆国における弁護士をいいます。アメリカの弁護士制度は日本とはちがっていて、各州ごとに弁護士になるための試験があり、弁護士が行う業務内容や手続きについての法律も定められています

仕事について

米国の司法試験は、難易度の高い試験として知られています。
試験に合格すると、米国弁護士になれますし、更に現地で3年以上の実務経験を積み、法務省の認定を得ることが出来れば、外国法事務弁護士として、国を跨いだ活動も可能になります。
日本人が米国の司法試験を受験するためには、アメリカのロースクールに留学し、修了する必要があります。
主な就職先として、米国の大手法律事務所の日本事務所はもちろんですが、海外に進出する日本企業、日本に進出する外国企業などが、高い英語力と法的思考能力を期待して、この資格保持者に注目しているため、就職や転職に非常に有利であるというメリットがあります。
また、米国の法律に精通している特性を活かして、米国のスポーツ選手やタレントの日本での契約に携わったりと、活躍の場は多岐に渡ります。

年収について

米国司法試験というのは大変難易度の高い試験であるということが知られております。この試験に合格すると米国弁護士という資格を手にすることができるのです。さらに現地にて3年以上の実地経験をつみ、法務省の認定をえられれば、外国法事務弁護士として活躍することができます。日本人がアメリカの弁護士資格を取得しようとすると、司法試験の受験資格を得るために、アメリカのロースクールに留学する必要があります。アメリカでは州ごとの弁護士資格が認定されており、その州内でのみの活動が認められます。そして5年以上の実務経験を得たのち法務省が資格認定をした場合に限り、日本国内でも外国法事務弁護士として活動することが認められるのです。収入は400万円~500万円というところですが一概には言えません。

難易度と試験対策

現在は国際化が進んでいます。海外の仕事に就きたいと考えている人も多いと思います。特に、国際弁護士は就職するのも大変ですが、やりがいのある仕事です。米国弁護士になるためにまず必要なのは、英語力です。これは最も基本であり大切なことです。弁護士は人とのコミュニケーションの多い仕事です。会話が成り立たなくては勤まりません。試験対策をするときも英語力をしっかり身に付けておく必要があります。一人で対策を立てるのが難しい人は、米国弁護士の予備校があります。予備校というのは合格までに必要なこと等を効率よく教えてくれるところです。母国語でない国で就職するためには地道な努力がもっとも重要です。あきらめずに最後までやり抜くようにしましょう。

関連資格

人権擁護委員

人権擁護委員とは盲率の規定に基づいて各市町村に設けられている非常勤の職員で、法務大臣によって委嘱されるボランティアです。 その職務は人権擁護活動の助長、人権侵犯事件の救済のための調査及び情報収集、自由人権思想の啓もうなどです。

知的財産管理技能士

知的財産管理技能士とは、技能検定制度のなかのひとつであり、国家資格です。略称でIP技能士と呼ばれることもあります。一般社団法人知的財産教育協会の知的財産管理に関する学科及び実技試験に合格したものに与えられます。企業の法務部などで働くときに役に立ちます。

保護司

保護司とは犯罪を犯した者の更正を助ける仕事であり、全国に約5万人の方がいます。法務大臣により委嘱を受けた非常勤の一般職国家公務員であり資格については保護観察所における保護司選考会で認定を受ける必要があります。人と接する仕事なので介護や医療などの仕事に従事した際に資格と経験を活かすことができます。

参考書籍

  • あなたもなれる!アメリカ弁護士─国際弁護士ヒロが教える「成功する法曹」への資格取得ガイド
  • 米国ロースクール留学―「アメリカ弁護士」への道 米国司法制度と法学教育システム
  • できる人の資格勉強法