資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

弁護士の基礎知識

弁護士とは?

弁護士とはなにかについてはまず弁護士とは当事者や関係者の依頼や官公署の委嘱によって訴訟事件、異議申し立て、再審査請求などの法律事務を生業とする者の事を指します。司法試験に合格して司法修習を終えた者だけがなる事が出来る職業です。

仕事について

弁護士になるためには国家資格試験に合格しなければならないです。合格するためには法律に関することを中心に幅広く勉強する必要があり、また受験者数も多いため合格率が低いです。その難関の国家資格試験に合格した場合、法律関連の事務所に所属し、仕事する者が多いです。弁護士になった場合のメリットとしては、まずは年収が一般的な会社員に比べて高い傾向にある点があります。高度な法律に関する知識を駆使し、お客様を助ける仕事であるため、年収が高くなる傾向にあります。また事務所から独立しやすいため、独立すればより高い年収も可能になります。また最大のメリットはお客様を裁判などで有利に進めて勝訴した場合の心地良さです。この心地よさは他の仕事では得られない心地良さです。

年収について

弁護士は世間一般では高収入と思われがちですが、その収入とは実際はどのぐらいの額なのでしょうか。弁護士とひとくくりにしても、その年齢や経験によって年収額は大きく異なっています。若手であれば年収額が500万円より下という人も多く、全員が高額の年収であるというわけではありません。また、中堅以降でも仕事数や経験によっては年収に大きく差が出ています。事務所を自ら開業する人や企業の担当になる人、様々な立場に分かれていき、その年収は自身の能力や運といった要素に左右されていきます。中堅以降になっても年収が500万前後であったりする人もいれば、1000万円前後を稼ぐ人もいます。とはいえ、一つの仕事を行なえばそれなりの額を稼ぐことが可能であり、若手のうちから数多く仕事をしていけば高額の年収を稼ぐことができます。

難易度と試験対策

弁護士になるためには、日本で最も取得困難な資格の一つである司法試験に合格しなければなりません。まず受験資格として、法科大学院過程を修了するか、司法試験予備試験の合格のいずれかが必要です。その上で本気で弁護士を目指したいのならばまず、試験対策に没頭できる環境づくりからはじめましょう。かなりの勉強時間を要するため、片手間の勉強では到底合格は望めません。環境が整ったならば、勉強開始です、まず基本的な知識に自信がないのなら、独学で学ぶか、外部の予備校やスクールに通って知識をつけましょう。その後試験対策の問題集をこなします。知識のインプットだけでなく、アウトプットも交えながら、効率の良い学習をすることが大切です。

問い合わせ
法務省

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

米国弁護士

米国弁護士とは、アメリカ合衆国における弁護士をいいます。アメリカの弁護士制度は日本とはちがっていて、各州ごとに弁護士になるための試験があり、弁護士が行う業務内容や手続きについての法律も定められています

行政書士

行政書士とは、権利義務、事実証明等の書類作成、官公署(国、都道府県、警察署、その他行政機関)などに提出する書類の作成業務及び相談業務などを行うための資格です。街の法律家として、市民にとって、一番身近で何でも気軽に相談でき、行政向け書類の作成や手続きにおいて法律の専門家として力になることができる資格です。

ビジネス著作権検定試験

ビジネス実務、日常生活においてますます必要とされる著作権に関する知識および関連する知識について、その基礎的な理解、具体的な裁判例・ビジネス実務における慣例を基準とする事例判断での応用力をそれぞれ測定します。

参考書籍

  • ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた 夢がかなう勉強法
  • ポケット版  弁護士の論理的な会話術
  • 私が弁護士になるまで