資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

法学検定の基礎知識

法学検定とは?

法学検定とは、法学(民法・刑法・憲法など)の学力を測定し評価される全国規模の検定試験です。民間資格であり、受験級はベージック、スタンダード、アドバンストの3つからなります。法学検定は、主に法律学の勉学の理解度を図るために法学部生や法曹家を目指す人が受験をする傾向にあります。

仕事について

法学検定は日本の民法・刑法・憲法といった幅広い法律に関する知識の理解度を試すための民間資格であり、この検定を取得するメリットというと以下にあります。まずは、この検定を取得できれば法律に関する知識については一定の理解度があるとされ、日本の法律をしっかりと認識出来ていると客観的に見てとれるでしょう。一般企業に就職すれば、この検定があれば法律の知識が他の人に比べ長けていると見なされますので、企業内での法務部などへの部署に就きたいとお考えの人であればより有利にと働くことができます。

また、行政書士や司法書士といった国家資格の取得を目指す人にとっては、これら資格の取得以前に法学検定を取得すれば、知識の基礎固めをすることができます。

年収について

法律を学んだ方やこれから各種法律の国家試験を目指す方は法学検定を受験してみてはいかがでしょうか。
法律資格は試験科目は同じでも各種レベルが存在します。
そんな時普遍的な法律知識を試せるのが法学検定です。
受験者数も各種法律検定の中でもダントツトップ。
この試験を受験することによって現在の知識レベルを客観的に評価できます。
残念ながら受験して合格したからといって、収入に直結するとはいえませんが
企業や団体にとっても法律知識が一定水準レベルにあることは要求されるところですし、
実際受験を義務付けているところもあります。
仕事ではコンプライアンスや法律知識をほとんど常識として要求されるものですから
単なる自己研さん以上の効果が見込まれるはずです。

難易度と試験対策

法学検定は日本の民法・刑法・憲法をはじめとした法律に関する知識の理解度を測定するための検定です。民間資格であり、ベーシック・スタンダード・アドバンスドの3コースがあります。ベージック・スタンダードコースは法律を勉強する学生・人物向けのもの、アドバンスドコースは大学院生や法曹家を目指す人物向けのものとなっています。試験は年一回行なわれており、11月中旬に例年開催されています。試験対策としては、様々な出版社から試験対策本が出版されていますが、なかでも検定の主催財団が出版している公式の対策本が毎年発売されており、この公式本の中の問題から類似したものが実際の試験に数多く出題されています。公式の対策本を購入し、試験の半年~三ヶ月前から勉強を毎日行なっていけば、試験の場面で苦戦することはないでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

行政書士

行政書士とは、権利義務、事実証明等の書類作成、官公署(国、都道府県、警察署、その他行政機関)などに提出する書類の作成業務及び相談業務などを行うための資格です。街の法律家として、市民にとって、一番身近で何でも気軽に相談でき、行政向け書類の作成や手続きにおいて法律の専門家として力になることができる資格です。

ビジネス実務法務検定試験

法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。ビジ法を習得することは「仕事の質を高める」ということに繋がります。管理職には、部下のリスク管理に効果的です。また、人事異動や、担当業務が変わってもスムーズに新しい仕事を処理する幅広い応用能力が身につけられます。

司法書士

司法書士とは他者の依頼を受けて登記や供託などの関する代理手続、裁判所、検察庁、法務局に提出する書類を作成することを業務とする国家資格です。 司法書士となるには法務省が実施する試験に合格することが必要です。

参考書籍

  • 2013年法学検定試験問題集 ベーシック〈基礎〉コース
  • 2013年法学検定試験問題集 スタンダード〈中級〉コース
  • 2013年法学検定試験過去問集 アドバンスト〈上級〉コース