資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

音楽療法士の基礎知識

音楽療法士とは?

音楽療法士は、音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いることによって、心身の障害の回復や機能の維持・改善、生活の質の向上、行動の変容などを目的に、音楽を意図的、計画的に使用する音楽療法の専門家を認定する資格です。

仕事について

音楽療法士は、現在は主に福祉や医療のシーンで活躍しています。音楽療法を行う対象は、認知症の高齢者や精神障害者が主になり、場合によっては交通事故などによって、脳障害後遺症を起こしてしまった人や、脳性まひや小児まひの人、自閉症の子どもや人などに対して行われます。実際は、その対象となる人の状況に合わせた音楽的プログラムを組み、対象者に音楽を聞かせたり、歌ってもらったり、音楽に合わせて体を動かしてもらったり、楽器を演奏したりしてもらうことで療法を行います。一見、意味のないようなものでも、一つ一つに意味があります。歌を歌うこと一つとっても、肺活量を増やしたり、新しい言葉を習得するために役立ったり、記憶力に働きかけたりなど、さまざまな意味合いがあるのです。楽器を演奏するのは、手や指の活動にも良い影響を及ぼすともいわれています。音楽療法士は、テンポやリズム、ハーモニー、音などを考慮したうえで、リハビリ支援になるように計画を立てます。

年収について

音楽療法士の資格を活かして働く場合、平均年収は300万円前後だといわれています。音楽療法士の収入は、月収というよりは、1回の施術あたりいくらという計算になることが多いようです。1回の目安は2,000円~1万円と、そのスキルや経験によって幅があります。そんな音楽療法士の将来性を考えると、高齢者や障害者だけでなく、現在は精神病やストレスの不安や苦痛を訴える人が増えているという現状においては、決して暗くはないといえるでしょう。どのような人に対しても、音楽の力で癒すことのできる可能性は十分にあります。特に精神科などで快癒されない症状がある中で、この音楽療法に頼られるシーンは今後も増えていくことでしょう。

難易度と試験対策

音楽療法士の資格を得るための手段には、日本音楽療法学会が認定する学校に通った試験を受ける方法と、臨床経験を積んだ後で、試験を受ける方法の2通りがあります。どちらの方法も、筆記試験と面接試験の2種類に合格する必要があります。筆記試験対策としては、日本音楽療法学会から出ている試験問題解説集を利用することができます。実際に働いている人でも、スクールの通信講座で勉強し、資格を取得したという人もいます。面接試験のほうは、実技では弾き歌いを行うことになります。伴奏楽器はキーボードまたはギターを使用でき、課題曲の中から指定の曲数を習得しておき、当日指定された1曲を演奏します。普段から臨床経験を積んでおくことは、試験に非常に有利になるようです。

問い合わせ
日本音楽療法学会

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

社会福祉主事

社会福祉主事とは、「福祉六法」に基づいて、都道府県、市や、福祉事務所を設置する町村において、保護・援助を必要とする人のために、相談・指導・援助の業務を行う役割を担うことのできる資格です。社会福祉主事は、社会福祉法で定められた「任用資格」と呼ばれるものに相当し、公務員が「福祉六法」に定められた定職に就く場合に取得しておかなければ...

手話通訳士

手話通訳士とは、手話通訳者の公的資格です。手話通訳とは、聴覚、言語機能または、音声機能の障害によって、音声言語で相手とのコミュニケーションをとるのに支障がある人が、周りの人に対してきちんと意思疎通を行うために必要とされるものです。

サービス介助士

サービス介助士とは、お年寄りや体の不自由な人に対する「おもてなしの心」と「介助技術」を学び、相手に安心してもらいながら、適切な手伝いができる人を認定する資格です。現在、多くのホテル・旅行関連や、交通機関、デパートや小売店などで勤務する人たちの間で多く取得されています。

参考書籍

  • 音楽療法の基礎
  • 音楽療法士のためのわかりやすい医療用語ハンドブック―基本から略語まで
  • 音楽療法士になろう!