資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ME技術実力検定の基礎知識

ME技術実力検定とは?

"ME技術実力検定とは日本生体医工学会が運営する、合格率30%前後の検定試験です。
医療機器等の事故が増えたことで、管理担当者や、製造担当者は試験に合格する事が求められます
第2種と第1種があり、第1種は医者や看護師に指導できるレベルで全国でも保有者が少なく、第2種は約22000人が保有しています。"

仕事について

ME技術実力検定とは、国家資格の一つである臨床工学技士(医師の指示のもと、生命維持装置等のME機器の操作・管理する技士)受けることのできる検定です。この検定は「社団法人 日本生体医工学会」が臨床工学技士の実力の向上と知識強化を意図として主催しています。検定は第2種と第1種に分類されており、医学的知識、理学的知識、MEの基礎知識、実際的知識等の項目が問題として出され、かなりの難関です。合格者はそれぞれ「第2種技術者」「第1種技術者」という称号が与えられます。このような検定は、臨床工学技士の医療における仕事に対する意識の向上が高められるだけでなく、医療現場においての責任・指導者(第1種技能者がこれに値します)の位置づけを明らかにするというメリットがあります。

年収について

ME技術実力検定の資格とは、医療機器を扱い適切な指導をし医療において応用を効かせながら医療の一端として貢献する事が出来るものです。ME技術検定の資格を持っている人の年収は400万円~650万円程で、平均年収としては2012年のデータでは33歳の平均年収は622万円程です。年齢とともに収入が上がっていく傾向にあるようです。

難易度と試験対策

ME技術実力検定の有効的な試験対策は専門の教科書をしっかり学習し過去問題集を繰り返し解くのが効果的です。多くの人がこのME技術実力検定の試験対策を独学で行っていますが、一回で試験に受かることは難しいので自分の力量試しに一度検定を受けてみるのもいいかもしれません。ME技術教育委員会で講習も行っていますので参加すると良いと思います。専門の教科書はME技術対策サイトやインターネット上の通販サイトなどで販売していますのでご利用ください。
第1種は第2種合格者、または臨床工学技士の免許所有者でなければ受験できません

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

診療放射線技師

診療放射線技師とは国家資格で、病院・診療所などの医療機関において、放射線を用いた検査・治療を行うことのできる資格です。放射線診療技術の高度化に伴い、高度な専門知識を備えた専門職としての役割を担います。

カイロプラクター

1895年にアメリカのD・Dパーマーによって誕生した手技療法。腰痛や肩こりの原因となる骨格のずれやゆがみ、特に背骨のゆがみを手技によって矯正し、神経生理機能を回復し健康の増進を目的に治療をする方法で、実際に治療にあたる人を力イロプラクターまたはカイロドクターと呼ぶ。これは薬を使わない、メスを入れない治 療法として欧米諸国で発展を遂げてきた。日本で資格取得を目指...

登録販売者

登録販売者とは規制緩和により改正薬事法で新設されました一般医薬品を販売できる資格です。受験資格ですが、医薬品の販売において一定の実務経験等を有する者が都道府県の知事の行う試験に合格することが必要です。

参考書籍

  • 2013第2種ME技術実力検定試験全問解説: 第30回(平成20年)~第34回(平成24年)
  • 第2種ME技術実力検定試験対策と問題解説集
  • 第2種ME技術実力検定試験全問解説〈2010〉第27回(平成17年)~第31回(平成21年)