資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

ITコーディネータの基礎知識

ITコーディネータとは?

ITコーディネータとは、経済産業省が推進している国家資格で、経営者の立場に立った視点で、ITと経営をつなぐ役割を担う専門家としての資格です。特にIT投資についてアドバイスをしたり、経営者へIT戦略などの助言・サポートを行うのが主な仕事です。

仕事について

ITコーディネータの資格取得者は、あらゆる活動形態で業務を行っています。独立し、フリーとして企業や公的機関に派遣されたり、ベンダー企業やユーザ企業内に勤務したり、政府自治体のCIO補佐官などを勤めたりと就業形態は多種多様です。製造業、小売業、サービス業を始めとして、自治体、病院、学校、農業法人など、幅広い業種において、ITコーディネータは過去にすでに多くの成果を上げてきています。ITコーディネータとしてだけでなく、次のような職種の人々にとっても、資格を取得することで付加価値が付き、業務の幅が広がると言われています。経営のプロである経営者・経営指導者、公認会計士、税理士、中小企業診断士や、ITのプロであるITコンサルタント、IT技術者、社内のユーザー部門、情報システム部門担当者が、主な資格取得のおすすめ職種です。

年収について

ITコーディネータとして独立した人の中には、年収1,000万円以上稼ぐ人もいると言われています。このITコーディネータの収入相場はどれほどなのでしょうか。中小企業支援センターなどから派遣されて活動する場合、一日2~3時間で2.5万~3万円の報酬があると言われています。また、企業と直接契約の場合は、プロジェクト単位での報酬であるならば、トータルで600万円のプロジェクトに1年間携わる場合、12ヶ月に分割すると月収50万円ということになります。このように業務契約によって報酬形態も変わってくるため、平均値を出すことはむずかしいようです。ただ、公的支援としての役割であるがゆえに、高額報酬が見込めることは共通項としてあるようです。

難易度と試験対策

ITコーディネータの試験に合格するための効果的な勉強法としては、次の2つが挙げられます。一つは、ITコーディネータ協会の公式サイトにある資料をすべてダウンロードし、「ITコーディネータ プロセスガイドライン」をとにかく熟読するという方法です。丸暗記は不要ですが、要点はすべて覚えるくらいに読み込んでいると効果的であるようです。実際に現場で働くITコーディネータいわく、「ITコーディネータ プロセスガイドライン」は実によくまとめられた資料であると実感しているとのことで、市販の参考書よりもITコーディネータの試験範囲をよく理解するのには最適だそうです。2つめの勉強法は、現役ITコーディネータや企業が開催している講座や試験対策セミナーに参加することです。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

初級システム アドミニストレータ試験

初級システムアドミニストレータ試験(平成21春季廃止)の後継資格としてITパスポート試験(平成21年春季以降)実施となりました。 ITパスポート試験は経済産業省認定の国家試験で情報処理技術者試験の試験区分の一つです。情報処理技術者試験では,基本情報技術者試験や応用情報技術者試験など,複数の試験区分があり、その中でITパスポート試験は入門的な試験という位置づけにあり...

パソコンユーザー能力認定試験

パソコンに関する知識で、最初に必要な基礎的なものをもっているかどうかを検定する試験です。 上級と初級とがあり、それぞれハードウエア、ソフトウエア、ネットワークに関する問題が出題され、初級は、既に設定されているパソコンとソフトウェアを使って、それを支障なく扱えること、またその特性や基本的な知識を有していることが問われる。

パソコン整備士

パソコン整備士とは、パソコンの整備や管理を専門とする資格で、パソコンを使用する職場においては非常に重宝される資格です。パソコンのトラブル対応やセキュリティ・情報倫理などのスペシャリストとして活躍することができます。

参考書籍

  • ITコーディネータ実践力ガイドラインVer.2.1
  • ビジュアル解説 ITコーディネータテキスト 〈第3版〉
  • ITコーディネータ IT経営の最新知識