資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

DTPエキスパートの基礎知識

DTPエキスパートとは?

DTPエキスパートとは、コンピュータで出版物などの紙媒体を編集をするDTP関連の知識を証明する資格です。DTP関連資格の中でもっとも歴史のある知名度の高い資格です。実務に密着した試験であることから、社内教育制度として受験されるケースが増えています

仕事について

DTPエキスパートの資格は、広告代理店、出版社などにおいて、デザイナーやオペレーター、編集者として従事する際に活かすことができます。試験では誌面のレイアウトやカラープロセス、スキャニングや印刷工程などの知識が問われ、より現場に直結する知識を得ることができることから、実務に積極的に活かすことができるようです。また、実際にDTP作業を行う職種だけでなく、営業職でもDTPエキスパートの資格を取得し、仕事に活かしている人が多くいます。それだけDTPエキスパートの試験では、DTPや印刷、コンピュータ関連と、実に幅広い知識が問われることが分かります。専門的と言うよりは、一般的な資格として持っておいても損はない資格と言えるでしょう。

年収について

DTPエキスパートの資格を取ることで、もちろん職種や企業によって変動はありますが、時給でいうとおよそ1,800円前後、月給で18万円、年収では400万~700万円ほどの収入が見込めると言われています。情報のデジタル化が進む中、紙媒体をメインとするDTPは今後廃れていくことが懸念されており、DTP職種の需要は減っていくと予想されていますが、今後はDTPと合わせてWEBページ制作やWEBデザインのスキルも合わせて取得すれば、将来性もありますし、DTPエキスパートの資格も有効に働きます。WEB業界にうまく生き残ることができれば、DTPの知識を持っていることが重宝されることになるでしょう。2年ごとの更新制であるがゆえに、そのスキルや知識も常に最新であることを証明し続けることができます。

難易度と試験対策

DTPエキスパートの試験は、学科試験と課題制作とに分かれており、それぞれの対策が必要になってきます。学科試験は、日本印刷技術協会から出ている参考書や完全対策問題集などを勉強すれば充分に対策をとれるようです。実際に手を動かしながらやるとより理解が進むでしょう。課題制作は、オペレーションを練習する必要があるため、DTP環境が身近なところに無い場合には、DTPスクールなどに通って対策をとる必要があります。働いている人向けに、平日の夜や土日も開講しているスクールなどを大いに活用しましょう。初心者は、Illustrator、PhotoshopなどのDTPアプリケーションの基本講習からスタートするのが良いでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

DTP検定

DTP検定とは、DTPの総合的な知識を評価される資格です。近年、DTPの実務の場においては、正しい総合的な知識を有する人が少なくなってきました。そんな中、きちんとしたDTPの知識とスキルを証明するための資格として価値があるでしょう。

文書デザイン検定

文書デザイン検定とは、パソコンの各種ソフトウェアを使用してドキュメント(文書)データを適切に作成するスキルを持っているかどうかを評価する資格です。そのほか、高度情報化社会において、正確なドキュメント作成技術を持つ人材を多数輩出することを目的とした試験制度でもあります。

画像情報技能検定 画像処理部門

画像処理の技術に関する基礎的な理解と、プログラミングなどに知識を利用する能力を測ります。 CGエンジニア検定(CG部門/画像処理部門)はCGグラフィックの作成など産業、学術など様々な分野で活躍できるCGに関する技術に関しての知識や技術を検定する為の資格試験です。 受験資格 画像処理部門1級…画像処理エンジニア検定2級合格者 画像処理部門2級・3級…受験資格は特...

参考書籍

  • DTPエキスパート試験スーパーカリキュラム 第9版対応
  • DTPエキスパート
  • DTPエキスパート受験サポートガイド 改訂第7版