資格・スキル情報サイト「スキルスタイル」

自分に合ったスキルや資格を探すならSkill Style

資格検索フォーム ×

資格名指定する
フリーワード

スキル検索フォーム ×

スキル名 指定する
フリーワード

詳細検索フォーム ×

資格名指定する
スキル名指定する
エリア 指定する
受講時間帯
こだわり条件 指定する
フリーワード

C言語プログラミング能力認定試験の基礎知識

C言語プログラミング能力認定試験とは?

C言語プログラミング能力認定試験とは、システムの仕様変更が起きたと仮定し、それに応じて実際にコーディング・コンパイル・デバッグなどを行い、プログラムを完成させる能力を問う試験です。1、2、3級のうち、2級と3級はペーパーテストのみですが、ただのC言語プログラミングに関する知識ではなく、実務に基づいた知識が問われるのが特徴です。

仕事について

C言語プログラミング能力認定試験は、特に1級に合格すると、C言語を駆使する業務に活かすことができます。例えば一般企業では、基幹システムや高度なアプリケーション開発などに携わることができたり、ソフトウェア会社ではソフトの開発業務などに携わることができるでしょう。試験では実際にPCでプログラミングを行うことで、簡潔な応用プログラムの作成能力を問われるので、現場での実践力を培うことができます。それゆえ、資格取得者は、就職・転職先の企業に対してC言語のプログラミングに関する知識を証明できるだけでなく、自分自身の実務に活用するための実践力をも身につけることができます。仕事の現場に沿った有益な資格であると言えるでしょう。

年収について

一般的なプログラマの平均年収は400万円程度だと言われていますが、中でもプログラミング言語別の想定年収ランキングにおいて、「C言語」は第2位の543.5万円でした(2010年・株式会社ワークポート調べ)。C言語プログラミング能力認定試験は、C言語のプログラミングに関する知識や、プログラマやシステムエンジニアとしてのスキルを証明できることから、IT業界の就職・転職においては、将来的に充分、力を発揮する資格であると言えるでしょう。また、他の実務に役立つプログラミング言語資格との併用で、高収入を得られる可能性も高まります。試験は1~3級までありますが、企業において実力が認められるのは、実務試験のある1級だと言われています。

難易度と試験対策

3級試験は筆記試験の選択問題だけなので、C言語プログラミングの入門レベルが理解できれば問題はないようです。2級試験も同様に、筆記試験の選択問題で、3級よりもさらに複雑な穴埋めタイプの問題が出題されているようです。3級、2級は試験の問題集を繰り返し解くことで合格が見込めるでしょう。一方、1級試験だけは実務試験があることから、試験対策として、実際にプログラミングを練習して備える必要があります。実務試験では、あるプログラムに対する仕様変更が指示され、それに即したプログラムを作成することが課題として出されます。まさに実務でのシュミレーションが主となるため、実務を経験していない学生が1級に合格するためには、実際にいくつものプログラムを作ることで経験を重ねつつ、試験問題集を暗記するくらい繰り返し解くという万全の態勢で臨む必要があるでしょう。

※掲載している情報の正確性、最新性、お客様にとっての有用性等につきまして保証しておりません。

関連資格

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とは、WEB業界でもっとも受験者数の多い資格で、実務的なコーディングスキルが問われることから、より実践力の証明になります。また、W3Cにも完全準拠していることから、ただの制作スキルではなく、正しさと速さを備えた制作スキルを証明することができます。

マイクロソフト認定資格(MCDBA)

データベース アドミニストレータは、データベース サーバー管理者の最上級の資格です。この資格によって、1 日 24 時間、週 7 日間、エンタープライズ ビジネス ソリューションを間断なく運用できる管理者であることが証明されます。

画像情報技能検定 CG部門

自分のアビリティを着実に身につけていくには、基礎のベーシック、応用のエキスパート、と専門領域内でステップアップしていくことが大切です。一方、ディジタル映像とWebデザイン、CGと画像処理のそれぞれは、内容に相関性があり、併せて習得することで効率よく、また幅広いマターに対応できます。さらにマルチメディアの習得は、ディジタル領域での総合的なリテラシーが培われます。...

参考書籍

  • media5 過去問突破! C言語プログラミング能力認定試験 6ヶ月保証版
  • 解きながら学ぶC言語
  • C語プログラミング能力認定試験 2 級 過去問題集